スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
我が家の冬の恒例
 ※ 毎年の恒例で冬になると母がやって来ます。昭和3年生まれの母は、二度の大手術に耐え今では第一級障害者ですが、今年(12/2)も元気に筆者の元へ来てくれました。これから3月頃までの滞在です。

 8年前に父が他界し、その後の大病を克服した母は、やっと自由に動き回るようになりました。昔人間の母は、それまで自分のことは考えもせず、家族のためや他人のためだけに生きているような人でした。それが大病を経て、やっと自分の老いに気づいたようで。(笑)

 もちろん以前は、筆者が毎年帰っていたのですが、それではゆっくりいっしょにいられないし、母の気力の刺激にもなるのではないかと考えてのことです。案の定、お互い毎年の楽しみになりました。

 このところしみじみ思うことは、母から与えられた最大のプレゼントは兄弟ではないかということ。筆者は4人兄弟なのですが、これが大変な心丈夫なのですね。

 母の大病以来、兄弟の話題(電話ですが)の中心は母のことばかりになりました。お陰で母と同居の次兄とは特に会話が増え、社会に出てからずっと縁が遠くなっていたけれども、また子供の頃のように家族を強く意識するようになりました。ま、これは筆者だけが実家から遠く離れているからかもしれませんが。

 冬の間の3~4ヶ月、また母の昔の話を堪能します。ずっとそばにいる兄弟が知らない母の過去を、隅々まで聞き取りたいと思っています。と・・、そうだ先日ポロリと、「満州時代に2~3ヶ月ほど台湾人の家庭にホームステイしていた」と言っていた。これも詳しく聞きたいな。

 というわけで、しばらく更新がどうなるか、これまで以上に気ままな更新となりそうです。母中心の生活、落ち着いてPCの前に座る時間が激減しておりますので申し訳ありません。

 今はちょっと母がお出かけ中、そのスキに弁明させて頂き候。ではまたそのうちに。


スポンサーサイト
【2007/12/05 14:02】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(4)
<<あの周恩来が靖国を拝観していた頃の神田と中国共産党の関係 | ホーム | 三島由紀夫 檄文>>
コメント
ちょこちょこ覗きにきつつ初コメでつ。

時々来てるのは聞いたことあったけど
毎年恒例イベンツだったのか~。
母上様が来てる時のアーラは
ほんと嬉しそうですなぁ。
(名前の漢字が小さくてどういう字か見えんのよ)

二人の時間を楽しんでくだせえ。
あ、二人じゃないか。

【2007/12/05 23:52】 URL | M #-[ 編集]
Mち様

お初というかとうとうのコメ・・・(笑)
母は私の太陽です。お陰で冬でも暖かい。
名前って私のですか?ハハハ
【2007/12/08 14:08】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
そうそう。アナタ様の名前ですだ。
つーか「ち」入れるな(爆)
【2007/12/08 21:07】 URL | M #-[ 編集]
M○様

名乗るほどの者ではありません。
そのうちに分かる日が来るでせう。ハハハハ
というか、当て字ですから大した意味もないのでね。
【2007/12/11 13:21】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/91-6e643490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。