スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
果たして人類は平和へと向かっているのか
 ※ 戦前と戦後10年余りの頃の映像です。空襲で破壊される前の映像を見ていて何とも残念な気持ちになりました。これがことごとく焼き尽くされてしまったのだなぁと。

 7~8年くらい前のこと、とある顧客の70代の女性(元教師)に「日本は戦争に負けて良かったのよ!」とヒステリックに諭されたことがありました。何かの話の流れで筆者が「日本が負けていなけりゃ・・」と呟いた時のことでした。

 もう長い顧客でしたので、会うたびに社会のことから政治のことまで会話の範囲は広がっていたのですが、戦争の話は始めてのことでした。立場上、どんな話題でも当然最後は筆者が「そうですね」と笑って終わるのですが、さすがにこの時だけはしょんぼりしてしまいました。

 自分の国が負けて良かったと断言するのはどうかと。いくら戦後教育で育った筆者でも、自国が負けて良かったなどと、これっぽっちも思ったことなんぞありません。正直、びっくりしてしまいました。仕方なく小さくうなづきはしましたが、笑えなくて困りました。

 たら・ればの話になりますが、今になってよく(もしもあの戦争に勝っていたらどうだったろうか)と考えます。

 もしも日本が勝っていたとしたら・・。朝鮮も台湾も日本の統治下にあります。気運を見て独立させたかも知れません。満州国はさらに発展を遂げて親日国であります。大東亜共栄圏が構築され、人種差別的な覇権の時代は終わりを遂げ、世界はそれぞれの文化を重んじながら文明を共有する。そしてひたすら平和な時代へと・・・。

 ってなことを夢想しては現実に引き戻されてがっくり。

 道理の無い国が勝ってしまったがゆえに、嘘がまかり通って世界がギクシャクしているんだ・・。日本が勝っていたら第二次世界大戦が最終戦争になっていたかも知れない・・・かも知れないと。

 あまりにも美しい夢想で笑われそうですが・・こうでもしていないと息が詰まりそうになるんですね。なんだこの現実は!・・・この世界、いまだに人類が平和へと向かっているようには思えない。

 





 □昭和10年~12年の東京 カラー映像
 

 □昭和30年代の風景(投稿者の家で見つかった8ミリフィルム)
 


スポンサーサイト
【2007/11/13 03:58】 | 【映画・記録映像・動画】 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<和ませてくれてありがとう台湾の学生さん | ホーム | 何のための連立話であったのか>>
コメント
すごいです。これはすごい。戦前の映像がこんなきれいな状態で残っているんですね。
父が話してくれた戦前の東京は、豊かで文化的な感じがしていたのですが、このような中で暮らしていたのですね。やはり、という気がします。映像で見たのは初めてです。建物も立派ですが、歩いている人たちも身だしなみがきちんとしているし、姿勢もよく、格好いいですね。
私が最近読んだ児童書(TBいたしました)にも、戦前の東京での暮らしが書いてあり、資生堂パーラーでアイスクリームを食べたとか、親戚のおばさんがデパート通いをしていたとか、書いてあるんです。ずいぶん呑気だと思いましたが、映像を見るとその通りですね。良いタイミングで、良い物を見させていただきました。有難うございます。
【2007/11/13 18:25】 URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
milesta様

TBありがとうございます。やっと熱狂が覚めて、そういう本が出せるようになってきたのでしょうね・・。あの敗戦のショックは相当なものですからね。この映像を見ていてよけいにそう思いました。人力車や馬車、外車、和装や洋装で颯爽と行き交う人たち、広い道路や立派な建物、はためく国旗。今よりずっと自信に満ちた日本が焼け尽くされたんです。敗戦直後の映像を見ると、とことん打ちのめされます。無理もない。そこから60年経って、やっと空が晴れてきて、素直な記憶がよみがえってきたのかなぁ・・。

映像が残っているって素晴らしいですね。まだまだあるんですよ。満鉄の「あじあ号」で行く満州の様子だとか素晴らしいですよ。衛星放送だけでなく地上波でも流してほしいです、まったく。
【2007/11/14 11:26】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
戦前の東京の様子が見れるとは・・・ありがとうございました!!
学生時代の一時期、のめりこんでいた石川達三の小説の中に描かれていた世界を見たような気がします。
【2007/11/18 00:38】 URL | huhuhu #-[ 編集]
huhuhu様

私も何度も繰り返し見てしまいました。あの頃を描いた本なら何でも読みたいですね。映画も見たい。戦後の映画はやはりちょっと・・でしたけど。
【2007/11/19 18:11】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/82-fa7baaa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。