スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
懺悔できないアメリカ
エノラ・ゲイ






 ※ 昭和20(1945)年8月6日、広島に原爆を投下した米B29爆撃機「エノラ・ゲイ」のティベッツ機長が亡くなった。彼は軍人としての任務をまっとうしたに過ぎず、何ら批判を受けるべき立場にはないが、さぞかし辛い想いをされたと思われる。謹んでご冥福を祈りたい。

 史上唯一の原爆投下という歴史的大罪の首謀者はルーズベルトでありトルーマンだ。アメリカはいまだにその罪を認めない。認めない罪は終わらない。終わらないからティベッツ氏は葬儀も墓石も辞退したのだ。彼一人に罪を背負わせたアメリカ。いつまでとぼけるつもりだろう。

 「気に留めていない」ってジョンドロー。選んだ言葉が怖すぎる。よけいに意識しているのが分かる。ティベッツさん、最後に爆弾落としてくれてありがとう。辞退という爆弾。でもまだアメリカ、だめみたい。





□ 原爆投下「エノラ・ゲイ」ティベッツ機長が死去
http://sankei.jp.msn.com/world/america/071102/amr0711020121001-n1.htm


 抗議避け、葬儀・墓石を辞退

 【ワシントン=山本秀也】1945年(昭和20年)8月6日、広島に原爆を投下した米B29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長を務めたポール・ティベッツ退役准将(当時大佐)が1日、オハイオ州コロンバスの自宅で死去した。92歳だった。

 AP通信によると、抗議の対象となることを避けたいとの遺言で、葬儀は行われず、墓石も設けられない。原爆投下には「戦争を早期に終結させるため、任務をまっとうした」との立場を終生貫いた。

 15年2月、イリノイ州出身。陸軍航空士官として、「空の要塞(ようさい)」と呼ばれたB29の試験飛行にかかわり、作戦要員として原爆開発のための「マンハッタン計画」に参加した。「エノラ・ゲイ」はティベッツ氏の母の名から命名された。

 トルーマン大統領の決断を受け、濃縮ウラン型原爆「リトル・ボーイ」を搭載して14人のクルーとともにテニアン島を発進、人類初の原爆を広島に投下した。

 米国家安全保障会議(NSC)のジョンドロー報道官は、同氏の死去にあたり「気に留めていない」としてコメントを避けた。

 




スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/11/02 11:14】 | 【資料庫】新聞・ニュースストック | トラックバック(0) | コメント(2)
<<『ALWAYS 三丁目の夕日』 | ホーム | お願いですもうやめてください>>
コメント
「エノラ・ゲイ」がティベッツ氏のお母さまのお名前だったこと初めて知りました。このことも、もしかしたらご本人には辛かったかも・・・。「個人に罪を負わせる」アメリカは、本当に冷酷な国ですね。
【2007/11/02 21:16】 URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
milesta様

アメリカの姿勢を最後まで貫いたティベッツ氏は愛国者ですね。何と批判されようと「戦争を早く終わらせるため」だとの姿勢を崩さなかった。一昨年もそう応えているところを見ましたよ。私としては腹が立ちましたが、彼は最後までアメリカを代表していたんですね・・。
長生きした分、考えることも多かったと思いますが、私は長生きしてくれたこと感謝しています。歴史の生き証人でしたからね。アメリカはますます傲慢街道まっしぐらのようですが、嫌われるだけですね。日本に嫌われたらもう誰もいないんじゃないだろうか。
【2007/11/03 06:42】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/76-76c4b8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。