スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
福田政権の暴走が始まった
 ※ 保守の皮ををかぶった左翼リベラル政権というのはタチが悪い。こんな政権が誕生したとなると、よほど腹を据えて立ち向かわねば取り返しがつかなくなる。そして予想通り早速の暴走が始まった。

 教科書の「沖縄集団自決」の記述を再修正させようという動きが加速し始めた。文科相、官房長官までがその気になっているようなのだ。安倍前総理が命を賭して改革しようとした教育問題に、とうとう手をつけようとしている。

 そもそもこの「集団自決」は沖縄でのみ起こったことではない。戦場となったあらゆる現場で起きていたことなのだ。それが不思議なことに、沖縄だけで「軍命令」「軍の強制」「軍の関与」があったと、徐々に言説を変えながら問題にし続けていたのだ。

 そして近年その証拠が覆り、教科書の記述から「軍命令」「軍の強制」の記述を削除することが決定された。

 この当然の処置に対して、それを覆す正当な理由は存在しない。理由がないから無理なことなのだ。その無理を「沖縄の人たちの気持ちを受け止めて」聞き入れようとしている。

 その「沖縄の人たちの気持ち」とは何なのか。本当にそのような気持ちがあるのか疑わしい。

 正確に言えば「左翼の人たちの気持ち」であろう。

 中国大陸や朝鮮半島に近い沖縄ですが、最もその影響が強くなったのは、「日中国交正常化」さらに「尖閣諸島問題の勃発」からであります。

 そもそも、戦後沖縄を占領統治したGHQが新聞社を作った。統治しやすくするために、マスコミの扇動で日本との分断工作を図っていたのだ。沖縄返還後は、その工作を左翼勢力が担っている。「沖縄の気持ち」とは「左翼勢力の気持ち」に他ならない。

 この教科書検定の決定を撤回させるために、直後から沖縄の教職員や県議会などの不穏な動きが続いていた。しかし、安倍政権である限りは覆されることはなかった。

 しかし、福田政権が誕生してしまった。方向が180度違う政権だ。あえて言う。福田政権とは「醜い日本」を創ろうとする政権であるのだ。

 昨日、新聞各社がこぞって、この検定を覆す集会「沖縄11万人デモ」を報道した。産経はベタ記事扱いだったが、他社は一面にカラー写真を使うなどスペースを割き大きく取り上げた。

 国を守る自国軍を恥辱する記事を、これだけ大きく煽るマスコミが大勢を占める。この異常性が我が日本の「戦後レジーム」だ。安倍前総理は、その改革のために孤軍切り込み玉砕した。

 渡海文科相そして町村官房長官は、このニュースを受けて「左翼(日本国家転覆工作員)の人たちの気持ち」を受け止め、「無理」を押して再修正をしようというのだ。

 福田政権というのは、このような「ごり押し」に屈する政権なのだ。これだけで終わるわけがない。外交で屈せば日本は終わりである。もとより、この問題は外交と直結することであるから、すでに屈したことになる。

 「沖縄11万人デモ」にも疑いが出ている。駐車場には無料送迎バスが並んでいたと。翌日のイベントに前日から集まった人たちも含まれると。11万人とは集会の主催発表であり、実際はその半分であると。沖縄県外、本島からの動員があったと。教員が誘導して生徒を学習名目で動員したとも。

 そもそもあの場所に1万人以上は入らないという情報まである。

 左翼政権に左翼マスコミ、そして左翼勢力の超派連合が束になっての暴走が始まった。安倍政権を倒したマスコミが自信をつけて、以前にも増しての暴走を始めた。

 あのデモは決して沖縄の気持ちではない。左翼勢力に弾圧された沖縄の人たちが可哀相でならない。教科書検定が撤回されるようなことになれば、沖縄と日本との分断工作は、限りなく成功へと導かれてしまう。

 そして、ひとたび民主党政権が誕生することにでもなれば、まず沖縄が、続いて日本が中国に併呑されてしまうだろう。民主党マニフェストの記述にあるように。

 先の参議院選での自民党大敗が、すべてこの道を切り開いたのだ。安倍政権を崩壊させ、今や自民党の崩壊そして日本の崩壊が見える位置に来ている。安倍前総理が残してくれた置き土産で、日本はいつまで持ちこたえられるだろうか。

 この日本を、この土壇場で復活させるシナリオはあると思う。しかし、さすがにそれを筆者が口にするわけにはいきません。

 この教科書問題が、どれほど危険な転換点となることか。国民の生命と財産、そして名誉を守るのが国会議員。当然、私心を捨てて大儀ある判断と行動を願います。



スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/10/02 14:46】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ちょっと独り言 | ホーム | 母さんのこと>>
コメント
>この日本を、この土壇場で復活させる
>シナリオはあると思う
はぁ、それは市谷駐屯地にまた篭城するでつか?(^^;)
【2007/10/02 19:43】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
通りすがり様

篭城したらそれこそ壊滅でしょうね。そのシナリオは却下です。
【2007/10/02 21:12】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/69-5ce69741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。