スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
福田総裁の誕生
 ※ 健闘も空しく麻生氏が勝つことはできませんでした。今この国は最悪の福田総裁を迎えてしまった。

 麻生派を除く全派閥の談合により、連日の報道では福田圧勝を伝えていました。結果は総数で福田氏330票、麻生氏197票。どこが福田圧勝なんですか。あの一方的なマスコミ報道をもってしても、たった16名の小さな麻生派以外の全派閥談合をもってしても、麻生氏はここまで追い上げたのです。とてつもないことです。

 しかし残念ながら福田総裁が決定してしまった。即ち福田総理の誕生ということになります。保守政党であったはずの自民党が左傾化著しい総理を誕生させてしまったのです。

 したがって、結果330票もの国益とならぬ政党であることが露呈したからには、筆者は自民党を支持するわけにはまいりません。

 この国には時間がありません。このまま自民党を維持させることは、政治を国民を惑わせるだけであると考えます。いよいよもって、早々の政界再編を強く求めます。

 22日の新宿東口での北村弁護士の応援演説に、筆者は全くの同感です。麻生氏が総理となる日をこれからも切望します。


□ 平成19年9月22日新宿東口 北村弁護士による応援演説



こんにちはー! 私は自民党員でもなければ政治家でもありません。だから、この自民党がどうなろうが私は関係ない(聴衆笑い)。

 しかしながら、麻生太郎が大好きで日本の国が大好きです。

  今、この自民党の総裁というのはイコール日本の首相です。 だからこの総裁選は捨て置けない。捨てて置けません。

  私から見ると、部外者の私から見ると、この長老の、はやる派閥の領袖と言われる人たちが この麻生太郎に抱いている感情が手に取るようにわかる。

『あの少数派閥の麻生めが、あの麻生がなぜ国民に人気があるんだ。なぜなんだ。 あんな奴に首相になって欲しくない』

 というジェラシーですよ、これは。あきらかに!(聴衆からの拍手)なぜかわかりますか?

 麻生太郎の話を少しでも聞いたことのある人、たとえば10分以上聞いたことのある人は、あの具体的で、説得力のあって、熱意があって、この人には力があると、みんな思うんです。

 ところがどうだ、今の派閥の領袖といわれる人たち、あの人たちの話を聞いてそう思えますか。 全く僕には思えない。

 だから今回の持つ総裁選で、この派閥の領袖といわれる人たちのこの推す候補がこのままエスカレータ式に首相、総裁になって、そのまま首相になるようであれば私は今後、自民党を批判を続けるつもりだ!自民党はもうなくなった方がいい! (拍手)

 こんなやり方で首相が決まって、長老たちのジェラシーで首相が決まるような国であれば、これはあの民主党、私から見て、この民主党の政策というのは私から見ればですよ、素人の私から見れば、この自民党政権が、かつておかした過ちをそのままやろうとしている。

 たとえば農業政策。最も悪政といわれた農家にお金を ばら撒くような政策をこれからやろうとしている。 いいですか?日本が国際貢献をしようとしているこのインド洋上の給油についても、これを国益、日本の国益を考えずに中断しようとしている。

 そんな汚い政党でも、いいですか、そんな汚い民主党でも、今、この自民党総裁選で麻生太郎が簡単に負けるようであれば

 まだあっちの方がいいかもしれないと俺は思っている! (拍手)

 そういうことがわかりますか。いいですか。人間の言葉が説得力あるというのはどういうことなんですか。

 政治の問題は難しい。だけどその難しいことをわかりやすく具体的に話せる人間ってのはどういう人間なんだ。

 その政治の本質をわかっているからわかりやすく、我々に話すことが出来るんですよ。いいですか。

 政治の話をわかりやすく出来ない人間ってのは二通りあるんだ。 一つは本音を語ろうとしない人間。(拍手)

 もう一つは頭の悪い人間なんだ。 この二つしかないんだ。 そこが麻生太郎と全く違うところなんです。

 もう一つ言わせてもらいます。 私は、例えばですよ、私はお膳立てが全部揃わなければ出ません、て、私はお膳立てが全部揃わなければ出ませんと、こういう風に言う候補がいたとすれば、これは弁護士の目から 見ると非常にプライドの高いお方だ。(笑い)

 それはどういうことになるか、いいですか、この人にもし日本の未来を託した場合、ある局面では国益よりも、国民の生活よりも、自分のプライドを優先するだろう。

 そういうもんなんだよ。いいですか。それをわかるだろう。私にはわかる。 (拍手)

 いいですか、日本の国益を担って、首相として歩むためには強さが必要なんだよ、人間としての強さが。

 その為には自分こそ総理に相応しいんだと、自分こそ総理に相応しいんだと、みんなが思って、自分も思って、それで敢然と立ち向かっていく、そういう人間でなければダメなんです! (大拍手)

 それを分かるか!

 僕は今回の総裁選を見てて、マスコミもわかってないし、 一般の人ももしかしてわかってないんじゃないかと思ったの。

 だからここに来たんですよ。 でも先ほどネットの情報を聞いてみると、実は国民はわかってるらしい。

 この間テレビの、テレビのね、ある番組で、まあ政治評論家と称する人はこう言いました。

 『秋葉原では大分麻生さんの人気が高いようですね。だけど彼らには投票権はないからな』

 そういう皮肉を言っている政治評論家がテレビで喋ってた。こいつは頭が悪いです。(拍手)

 何で頭が悪いか。 いいですか、今この情報化社会においては投票権がなくとも、自民党の総裁選にはこれだけ注目が集まっている。 そして国会議員が投票する時に国民の声を全く無視するわけにはいかない。

 だから国民の声を無視するわけにいかないから、じゃあ何が起こったんだ。

 麻生謀略説。

 麻生が安倍の足を引っ張ったんだ、そういう謀略説を流したでしょ、最初に。 あれはまさに国民の声を無視できないから、世論操作しようとしたんだよ!それがわかりますか。(拍手)

 こんな短い期間であの麻生謀略説をひっくり返すのは大変なことだ。
まして麻生太郎本人は、非常に品のいい男だ。だから、自分でそうじゃないんだなんてことは言わない。

 だから品の悪い私が言ってるんだよ。わかるかね!! (大拍手)

 いいですか、僕はね、この総裁選で、もう一度言いますよ。 この総裁選で麻生太郎が簡単に負けるようであれば、

 明日から自民党の悪口を言い続けるんだ! こんな国会議員はみんなやめちまえ!

 マスコミの人間は、いかに麻生太郎が力があっても、説得力があっても、 一切報道しないよう、しないよう、しないようにしてるよ。これは本当のことだ。

 マスコミを信用してはいかん! (大拍手)

 マスコミに出てくる弁護士が優秀だと思ったら大間違いだ。(観衆笑い)

 中には優秀な奴もおるけど。 いいですか、そこでね、私はみなさんにお願いしたい。 馬鹿な国会議員でも、ドアホウな国会議員でも、麻生太郎が、麻生太郎が首相にならなければ国民から目を背けられてしまう、そう思わせて欲しい。

 最後に一点だけ、もう一点だけ、ごめんなさい。 麻生太郎は、失言失言といわれてる、早く辞めろと言われてる。

 麻生太郎は、失言失言といわれてるがね…、ここをよく考えて下さい。 官僚答弁ばっかりする政治家の話が面白いか?(聴衆:面白くない!!)

 みんなのことを考えて、我々のことを考えて、わかるように話をする、その麻生太郎が俺は大好きなんだ。 (大拍手)

 今日仙台で、仙台で、麻生太郎さんが掲げたこの紙ね、紙ね。こう書いてある。

  四の五の言わずに総理にさせろ!

 それが私の考えだ。以上。 (大拍手)

 



 ※ テキストは『新・へっぽこ時事放談』様エントリーより転載致しました。 




スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/09/24 05:45】 | 【演説・講演・論文・コラム】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<『千の風になって』とどこか似ている福田政権 | ホーム | 9.21自民党総裁候補討論会第一部前半(日本記者クラブ主催)>>
コメント
>>自民党の存在価値は無くなった

同意します。もはや我々が支持できる政党が消滅しました。
あとは人物への支持しか残っていませんが、淡い期待は政界再編への動きです。
【2007/09/24 12:43】 URL | 小楠 #00DmkO4s[ 編集]
小楠様

あれはイベントではないのです。現実は福田総理の誕生なのですから、空恐ろしい。政界再編を求めても、当然誰からもお返事は戴けないスジのはなしです。それで結構。ただただ強く求め続けます。
同じ意見の方がおられて心強いです。
【2007/09/24 14:43】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/65-d67bcee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。