スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
拝啓 自民党殿
 ※ 多少眠れるようになったが、やはり心配な総裁選。平日に入ったとたんに、テレビで総裁選のニュースが極端に減ってしまったからだ。いつもの瑣末な話題でお茶を濁している。

 総裁選は実質、一国の総理を選ぶ大ニュースじゃないのですか?何もなかったかのように時の過ぎるを待っているかのようなこの国の空気に怒りさえ覚えます。

 福田氏の発言を思い返すと、何故この人が出馬し8派閥もが支持するのか分からなくなる。内容が全く無いからだ。そもそも前総裁選時に年齢を理由に結果的に逃げた御仁だ。謀略説が出ても無理がない。いや本当に謀略なんでしょう。

 福田氏から「拉致問題は私の手で解決する」という旨発言を聞いて、筆者は飛び上がらんばかりに驚いた。あなたに拉致を語ってもらいたくない人は大勢いると思いますよ?ここで早くも怒り心頭である。確かあなた官房長時代に「嘘つきは泥棒のはじまり」とおっしゃってましたよね?あなた泥棒ですか?

 こんな御仁が次期総理になりたいとおっしゃる。安倍総理が身も心もボロボロになるまで闘い、この国の軌道を整え始めた矢先に、国家観も何も持たない嘘つきが舵取りをすると?


 ああ。睡眠が足りて頭がすっきりしてきたはいいが、この怒りをどうしたものか。第一の権力であるテレビ報道がいつまでものぼせているなら、こちらも黙ってはいられない。ネットの力なんて比べりゃノミかも知れんが、それでも声にはなる。

 麻生氏は奇妙な総裁選ルールに手足を縛られ、それでも諦めずに闘っておられる。自然体で国旗に敬礼をする麻生氏にこそ、この国の舵取りをまかせたい。これが普通の日本人の意志であるはずで、新聞各社の支持率は全く民意であるとは思えない。


□福田氏発言 (15日)

・憲法改正について
「憲法改正は党是という方針は変わらない。ただ、国会の同意がないといけない。自民、公明両党だけで決めていいものか考えないといけない」

<天皇陛下・国旗・国歌を侮辱する輩の意見をも尊重する?

・集団的自衛権の行使について
「いろいろ研究することはいい。ただ、憲法に抵触するかは慎重に考えたほうがいい」

<妙な憲法を守って国を守らず?

・基礎年金国庫負担率引き上げ財源として、消費税率を引き上げることについて
「社会保障が増えると(国家財政の)どこかを削らないといけないが、国民へのサービスが低下してはいけない。今の政治状況で国の赤字は増やせない。今後の議論にしたい」

<耳にたこです。

・靖国神社に参拝するかどうか
「相手がいやがることをあえてする必要はないだろう。配慮しないといけない」

<相手とは誰ですか?国民が望んでいるのです。

・北朝鮮問題について
「交渉しようという姿勢、意欲が向こうに伝わる方法がないのか工夫しなければいけない」

<テロリストに謙虚ですね。

・新国立追悼施設について
「すべての戦争犠牲者を追悼できる施設はいつかできてほしい」

<そもそも追悼する心はあるのですか?

・日本の方向性について
「自立と共生の社会だ」

<民主党と同じですね。

□ 同 16日

・政権公約
「希望と安心のくにづくり」

<意味分かってますか?

・衆院解散・総選挙について
「問題意識が共有できれば野党との話し合いもある」

<!!!!!

・渋谷での街頭演説の後
「みなさん一生懸命に聞いてくれた。私のつまらない話を」

<本当に自覚して下さい。

・拉致被害者の家族会や支援組織「救う会」などが開いた緊急集会にも

<出席しませんでしたね?

□ 同 17日

・拉致問題について
「私の手でこの問題を解決していきたい。拉致被害者が帰国し、核、ミサイル問題が解決すれば国交正常化ができる」

<あんな国と!?

・拉致問題について上記の発言の真意を問われ
「意欲を示したんです、意欲を! まだ私は日朝交渉の詳細を知らないんだから。具体的なことはよく話を聞いた上でやらないと…」

<国民をバカにしてます?

・再び拉致問題について
「北朝鮮に残っている方がいると聞くと捨ててはおけない」

<。。。。。




 ※ いやいや議員になったとのたまう御仁が、派閥談合に祭上げられ操られ立ち上がりました。政策論争も無いままに、8派閥が乗り出した総裁選デキレース。こんな自民党を見せつけられた国民がどう感じるか、これが自民党崩壊の決定打になるということに、まだ自覚できないのですか。中国各紙に好意的な記事を書かれて、侮辱されてもまだ続行するつもりですか?

 拝啓自民党殿、聞こえていますか?

 

 
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/09/19 17:24】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<9.21自民党総裁候補討論会第一部前半(日本記者クラブ主催) | ホーム | 総裁選 その矛盾に混乱するマスコミ>>
コメント
この前の記事に書いたコメントはこちらに書くべきだったようですね。
党利党略ばかり考えで突っ走ると本当にとんでもないことになりますよ。
まともな国民をバカにしてはいけません。
【2007/09/21 20:41】 URL | さくらこ #-[ 編集]
さくらこ様

自民党議員の目は耳はどこについているのでしょうか。もっとも心があればの話ですが。
【2007/09/22 14:34】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/62-a40573cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。