スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
総裁選 その矛盾に混乱するマスコミ
 ※ 前述しましたが、筆者は安倍総理辞任の1週間ほど前から、政局に胸騒ぎを覚えずっと睡眠不足が続いていました。眠ってもほんの2~3時間で目が覚めてしまうという状態だったのです。

 しかし、昨日の昼頃からやっと連続して充分に眠れました。そのお陰でとんでもない時間に起きているわけですが頭はすっきりしましたよ。同時に、政局の方も恐らく針が戻りつつあるのではないかと感じています。

 やっとたまっていた疲れもとれ、おもむろに昨夜テレビ報道を見ていて感じたことですが、大阪での街頭演説の模様です。カメラのアングルがあまり聴衆を捉えておらず、福田・麻生の両氏のアップがほとんどでした。世論調査などの様子は、両氏への支持を交互に映していましたが、いまだに福田優勢を伝えていました。

 筆者は昨日眠りにつく前に、ネット上で「不可解な福田優勢報道」についての興味深い情報を得ていました。恐らくはその情報を今頃は、ネット環境にあり興味を持っておられる方々なら周知のことと思いますので、ここではあえて触れません。


 その情報を念頭にテレビ報道を見ていたのですが、決定的に優勢なはずの福田氏に笑みが無いのです。それどころか顔色に不安が漂っていました。福田氏は現実に晒されて国民の真意がどこにあるのかに気付いたようです。あの出馬表明記者会見での浮かれたような表情は全く消えていました。

 それにひきかえ麻生氏の表情には力強さがありました。満面の笑顔には自信と覚悟が見えます。画面には映されなくとも、麻生氏への熱い声援が聞こえています。福田氏の不安な顔と麻生氏の笑顔が対照的でした。

 安倍総理辞任直後は、次期総裁は麻生氏が圧倒的に有力でした。実績もあり、安倍総理の信頼のうえで幹事長に就いていたことで、それが自然な流れでした。報道もそう伝えていました。

 ところが、たった1夜で「福田氏優勢」に激変したのです。ほとんどその存在も忘れかけていた福田氏がなぜ急浮上したのか。自民党内の派閥が雪崩をうって福田氏を擁立した裏で何が動いていたのか。

 安倍路線を大きく後退させるに違いない、何もかもが真反対の福田氏を圧倒的多数で担ぎ上げる自民党とは、いったいどこを向いた政党なのか。愕然としました。そこに安倍総理の苦悩があったのでしょう。

 そして、マスコミの報道姿勢は一斉に福田優勢を伝え始めました。そして、麻生氏と与謝野氏によるクーデターという怪情報も流れました。麻生氏不利のお膳立てのような情報は、総理辞任の前からちらほらありましたが、ここで一挙に姿を現した感があります。

 (その怪情報を流した大元が、例の情報で明らかにされていました。他にも別の経路から同じ結論に達した情報もありました。)

 ところがどうでしょう。街頭演説の反響は真反対です。今度ばかりは世論操作し切れなかったのです。しかし国民には投票権がありません。まだ時間はありますが、あと土曜日の1回(二人同席)だけですか?このルールも報道を操作し易くするためのようですが、上手くいくでしょうか。

 あの安倍政権を転覆させたマスコミが、今度は世論を操作しきれない。そこにマスコミの混乱が見えました。それは、福田政権を実現させたい勢力と、民主党政権を実現させたい勢力が、その矛盾のため混乱しているのです。

 民主党を推したい勢力にとっては、福田氏より麻生氏のほうが叩きやすい。しかし、思想的には麻生氏より福田氏を推したい。福田氏になれば自民党の崩壊が想像できる。さてどうすればよいのか。国会だけではなく、マスコミにもねじれ現象が起きているようです。これまでは安倍政権を叩くという点で一致していたが、総裁選では一致が難しくなったということです。

 マスコミが福田氏支持に世論を誘導できなければ、議員は当然、次期選挙を睨んで麻生氏支持に寝返るでしょう。街頭演説での麻生氏圧倒的支持を肌で感じ、福田氏陣営は決戦の日まで票を減らす一本道です。小泉前総理の総裁選を彷彿とさせる光景でした。

 筆者は、この総裁選の結果がどう転ぼうと、少し安心しました。国民のバランス感覚にです。安倍総理の辞任ショックがそうさせたのなら、総理の最後に仕掛けた「局面の転換」が見事に結実しようとしていることになります。

 どうですか?小沢民主党の立場が今、どこにあるのでしょう?すっかり注目されなくなり、国会が動き出すまでの間に「テロ特措法」の問題も国民に周知が進むことでしょう。それは小沢民主党の危うさが周知されることと同義ではないですか。

 これでやっと少し安眠できそうです。
 


☆ 緊急追記: 麻生氏の秋葉原での演説の模様、その真実の映像を見つけました。マスコミはいったい何を報道しているのでしょうか。

□ 麻生太郎 秋葉原演説 07年9月16日


□ 麻生太郎 秋葉原演説 07年9月16日 その2




 
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/09/18 08:08】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<拝啓 自民党殿 | ホーム | 『誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~』について>>
コメント
なぜ福田氏なのか分かりません。
こんな自民党ならぶっ壊れるべきです。
福田氏を押し立てた人間をしっかり覚えておくべきです。その人たちは真の保守主義者ではあり得ませんから。
麻生さんがんばれ!
【2007/09/21 20:36】 URL | さくらこ #-[ 編集]
さくらこ様

福田政権では民主党と変わらないですよね。自民党が保守を捨てたのなら野党に落ちてもらいましょう。
【2007/09/22 14:32】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/61-08ccdf9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。