スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
“ポツダム宣言”受諾から戦闘終結まで
ポツダム会談終了後の三巨頭(英アトリー、米トルーマン、露スターリン) ※ 左写真は《鳥飼行博研究所》様サイトよりお借りしたものです(クリックで大きくなります)。ポツダム会談は、米英ソの首脳会談であったが、その宣言(日本に降伏を勧告)の署名は米英中だった。

 宣言を受けた日本政府は、仲介を依頼していたソ連の返答を待って回答を留保したが、「ノー・コメント」という姿勢は、各種報道の中で「黙殺」という表現に変化して各国首脳に伝わった。

・2月4-11日、米英ソ「ヤルタ秘密協定」(ソ連の対日参戦の条件:南樺太と千島列島を引渡す等)
・6月30日-7月11日、ソ連に和平の仲介を依頼-同仲介を再度依頼
・7月26日、米英中「ポツダム宣言」
・8月6日、広島に原爆投下
・8月9日未明、ソ連の侵攻はじまる(中立条約の破棄)
・  〃 、長崎に原爆投下
・  〃 、御前会議
・8月10日、スイス政府を通じて米国務長官バーンズに(国体護持の了解をもとに)降伏を申し入れる
・8月14日、御前会議、ポツダム宣言受諾を通告
・8月15日、玉音放送
・8月16日、午前、マッカーサーは米軍に戦闘中止を命令
・  〃  、午後4時、大本営は即時停戦命令を発令
・  〃  、ソ連軍、牡丹江に入城
・8月17日、関東軍、各部隊に戦闘停止命令を発令
・8月18日、午前3時、関東軍司令官、ラジオ放送を通じてソ連軍の降伏条件受諾を表明
・  〃  、ソ連軍、ハルビン入城
・18日~23日、ソ連軍、千島列島の占守島に上陸(日ソ間の戦闘で日本軍死傷者600名以上、ソ連軍死傷者2000名以上)
・8月19日、ソ連軍、新京・奉天・安東、入場
・8月23日、スターリンは日本人捕虜のシベリア移送を指令
・8月24日~9月1日までに、ソ連軍は、大連・ピョンヤン・千島列島の島幌延島・温弥古丹島・捨子古丹島・松輪島・新知島・得撫島、北方領土の択捉島・国後島・色丹島を、順次占領
・9月2日、降伏文書調印式、ソ連も調印
・9月3~5日、ソ連軍、北方領土の歯舞諸島を占領

 





□ ポツダム宣言  1945年7月26日(署名:ルーズベルト、チャーチル、蒋介石)

一、米国大統領、中華民国国民政府主席、英帝国首相は数億の国民を代表して協議を重ね、日本国に対し、この戦争を終結する機会を与えることに合意した。

二、欧州方面の陸海空軍によって数倍にも増加された米英中の驚くべき兵力は、日本本土に対し最後の打撃を加えようとしている。この軍事力は、日本国が抵抗をやめるまで日本国に対して戦争を遂行しようとする全連合国の決意によって、鼓舞され持続されている。

三、自由を希求して奮起する世界の諸国民の力に対し、ドイツが重ねてきた無益で無意義な抵抗の結末は、日本国の国民にとって極めて分かりやすいひとつの見せしめとなるだろう。現在、日本国に向かって終結しつつある力は、抵抗を続けるナチスに対して発動され、全ドイツ国民の国土と産業、生活様式を荒廃させた軍事力よりも強大なものである。われわれの決議によって支持されたわが軍事力の全面的な発動は、日本国軍の不可避にして完全な破壊と、日本本土の、同じく不可避にして完全な焦土化を意味する。

四、日本国は、無分別な算段で日本帝国を滅亡の淵に陥れている強情な軍事助言者たちに支配されたままこの戦争を続けるか、決断するときがきた。

五、以下は、われわれの条項である。われわれは譲歩しない。ほかに選択の余地はない。いかなる遅延も受け入れない。

六、われわれは、無責任な軍国主義者が世界から駆逐されるまで、平和、安全、公正の新秩序を形成することは不可能であると確信するものであり、日本国の国民を欺き世界征服の誤った道へ導いてきた者の権力と影響力は、永久に除去されなければならない。

七、右(上)のような新秩序が形成され、日本国の戦争遂行勢力が破砕されたという確証が得られるまで、連合国が指定する日本国内の諸地点は、連合国進駐の根本目的の達成のために占領下におかれるべきである。

八、カイロ宣言の条項は、履行されるべきであり、日本国の主権は本州と北海道、九州、四国、われわれが規定する諸離島に限る

九、日本国の軍隊は、完全に武装解除されたあと、それぞれの故郷に戻って平和で生産的な生活を営む機会を得ることを許される

十、われわれは日本人を民族として奴隷化したり、国家を滅亡させることは意図していないが、われわれの捕虜に対して虐待行為をした者を含む、全ての戦争犯罪者は厳正な裁判が加えられるべきである。日本国政府は、日本国民の間にある民主的な傾向を再生し強化するために、あらゆる障害を除去しなくてはならない。言論、信教、信条の自由とともに、基本的人権の尊重を確立すべきである。

十一、日本国は、その経済を持続し、物による正常な賠償可能程度の産業を維持することは許されるが、日本国を戦争への再軍備に向かわせる産業は許されない。この目的のために、管理は別として、原料の入手は許される。日本国は将来、世界貿易関係に従事することも許される。

十二、以上の目的が達成され、日本国民の自由に表現された意志に従って平和的性向の責任ある政府が樹立されると同時に、連合国占領軍は速やかに日本から撤収する。

十三、われわれは、日本国政府が全ての日本軍隊の無条件降伏を直ちに宣言し、そのための適正かつ十分な保障を心からの誠意を持って準備するよう要求する。これ以外の日本国の選択は、迅速かつ完全な破壊あるのみである
(訳:牛田久美『正論』平成17年9月臨時増刊号「昭和天皇と激動の時代」)


□ カイロ宣言  1943年12月1日(調印は無く声明のみ:ルーズベルト、チャーチル、蒋介石)

 ルーズベルト大統領と蒋介石大元帥、チャーチル首相は、それぞれの最高の軍事及び外交顧問を伴って北アフリカで会談し、次の声明を発表した。

 各軍事使節は、日本国に対する今後の軍事行動について合意した。三大同盟国は海路、陸路、そして空路から、野蛮な敵国に対して容赦なく圧力をかけることを決めた。この圧力はすでに増大しつつある。

 三大同盟国は、日本国の侵略を制止し罰するために今次の戦争をしている。この三国は、自国のために何らの利益も要求するものではない。また、領土拡張の意志を有するものではない

 右(上)の同盟国の目的は、第一次世界大戦が勃発した1914年以降、日本国が奪取し占領した太平洋の島嶼部(とうしょぶ)を日本国から剥奪すること、そして日本国が清国人から盗取した満洲、台湾、澎湖島(ぼうことう)といった一切の地域を、中華民国に返還することにある。日本国はまた、暴力と貪欲によって略取したその他すべての地域から駆逐されなければならない。

 右(上)の三大国は、朝鮮の国民が奴隷状態にあることに留意し、いずれ朝鮮を自由で独立したものとする決意を有する。

 以上の目的を達するため、右(上)の三国同盟は、日本国と交戦中の諸国と強調しつつ、日本国を無条件降伏させるのに必要な、重大かつ長期の作戦を貫き実行する。         
(訳:牛田久美『正論』平成17年9月臨時増刊号「昭和天皇と激動の時代」)






※ 申し訳ないけれど、タイプしながらあまりにデタラメな宣言なので脱力してしまいました。

 付け加えておきたいことは、ポツダム宣言前日に米国の原爆実験が成功し、日本への投下命令がすでに出されていたこと、よく見るとそのことが宣言の文言の中にも反映されています。そして、原爆投下作戦(実験)は2発だけではなかったこと。

 日本は開戦直前まで戦争の回避に努力しましたが叶いませんでした。和平についてもしかりです。宣言を読んで、あらためて連合国の「日本憎し」が伝わってきました。これはもう「民族浄化」の域だと思いました。現在はどうなんでしょう。



スポンサーサイト

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/08/09 08:30】 | 【大東亜戦争】宣言・条約・公文書 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<靖国に行ってきました | ホーム | 戦没者追悼 -- 英霊の言乃葉>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/46-6fd0a7c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。