スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鳩 巣へ帰る
※ この1週間というもの、ずっと浅川マキに浸っていた・・というわけではありませんが。(笑) 正直、あの「鳩の乱」には困惑を超えて失語症気味になりましたよ。まず最初に思い浮かんだことが、「鳩め、とうとう本性を現しおったか」でした。

 総裁選のたびに麻生さんの側近としてぴったり寄り添う弟鳩を見ていて、当初からどうしても違和感が拭えなかった。なぜ麻生さんに寄り添うのか、どうしても合点がいかなかった。そういう人は少なくないのではないかと思います。

 まずは鳩山一郎の家系だということ。かつて自民党から兄弟ともに離脱し、その後兄弟で民主党を立ち上げた96年、その時のニュース映像が頭から離れなかったのです。頬を紅潮させた兄弟鳩、二人並んでの記者会見。母から、鳩山一郎の孫なのだから民主党を再興(?)するのは必然、と激励されたとかなんとか言っていたように記憶しています。

 その後、弟嫁を兄鳩が誹謗したとかで兄弟ゲンカ勃発。それが原因で弟鳩が民主を離党、自民党に戻ったという事件があった。この時も不思議でしょうがなかった。悪口の応酬はしばらくテレビや週刊誌を賑わしてましたが、なんでそんな身内のゴタゴタを表面に出すのかも疑問だったし、そもそも弟嫁が気に入らないからと、兄弟がケンカするという構図がアホらし過ぎるでしょ。

 まあ、離党の原因は他にあったと考える方が自然ですが。例えば自爆消滅した社会党議員の民主への合流に嫌気をさして、というのなら分かる。(笑) しかし、あの頃はあくまでも兄が自分の嫁を侮辱したからだということでしたよ。(噴飯)

 そんな不思議の兄弟鳩。言動においても、どこか人間離れしたところは似ています。だから、麻生さんに寄り添う弟鳩を見ていて、何を妙にまともなことを・・・との違和感が拭えなかったのです。ま、兄鳩に比べれば誰だって「まとも」に見えるのかもしれませんが。

 で、最近で強烈に不思議人間を再確認させられたのが、「友だちの友だちはアルカイダ」発言。それもバリのテロを知らされていたと言ったから仰天でした。その内容もですがそれ以上に、発言したこと事態にビックリでした。政府要人の発言することか?しかも自慢げに。

 だから、どうしても手放しで弟鳩を信じることができなかった。

 そして、このタイミングでの「乱」です。かんぽの宿をめぐっての胡散臭い事案については、うやむやにされている感はありましたが、何も麻生政権を揺るがしてまでごり押しする意味がどこにあるのか。麻生首相を支える立場の内閣の一員が直接、刃を向けたのです。しかも、この政局の微妙な時に。

 麻生首相の支持率が緩やかな回復傾向にあった、この時点での弟鳩の行動は、まさしく叛乱です。麻生政権の息の根を止める意思があってのことだと筆者は考える。 

 この事態を喜んだのは誰ですか? テレビも民主党も、嬉々として麻生さんを口撃していますが、自民党内部の内紛には呆れるばかりです。自分の首を絞めて喜んでいる。しかも、「大政奉還」という言葉を使って、まるで自民党麻生政権が幕末の徳川幕府扱いです。麻生首相が、「どこへ奉還するの?」と言われるのは当然で、大政奉還とは朝廷への奉還という意味ですよ。しかも民主党へ政権を渡せと同義ではないか。

 「正義」という言葉を使い、「大政奉還」という言葉を使い、これはイメージ戦略ですかね。麻生首相に正義がなく、民主党へ政権を奉還せよとは、開いた口が塞がりません。

 鳩山邦夫よ、お前はこれがやりたかったのか?その時期を伺い、麻生首相のそばに潜伏していたのか? 総選挙で自民党を沈め、正義の第三局という美名のもとに、保守の支持層をかく乱するのが目的だったのか?

 筆者も、今の政界の混濁を打開するための政界再編を望む者ですが、鳩はゴメンです。鳩は兄弟そろってゴメンです。鳩山邦夫の乱は売名行為。口が過ぎる。自分を褒めて相手を貶めるという手法は、「お笑い」だけにしろと。

 結論。鳩山邦夫は、鳩山由紀夫よりはちょっとマシ。あ、これ、評価がちっとも変わってない。(笑)

 ところで、麻生支持の皆さん。麻生はブレると誹謗されますが、ブレませんよ。ブレるのは支持者の方です。鳩に釣られて迷子になってやしないか? と、筆者は少々心配。早く帰っておいで^^

 ブレというなら、鳩山邦夫のブレ具合こそが日本人離れですよね。

  
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/21 18:12】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ドキュメンタリー映画 『台湾人生』 - 解けない数学 | ホーム | こんな夜には浅川マキで ジンをもう一杯>>
コメント
こんにちは。
鳩兄弟は、揃って「言葉」を軽んじているような気がします。そしてそれは、言葉の内容の希薄さを表しているのではないかと思います。
耳障りの良い「友愛」とか、人を驚かせるような大袈裟な発言、過激な発言、どれもきちんと考えているようには見えないのですよね。
どんなに学歴が高くても、分析力や思考力のない人が、国を動かすような立場には立って欲しくないですね。
【2009/06/22 21:14】 URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
milesta さま

>言葉の内容の希薄さ
>人を驚かせるような大袈裟な発言

まるで新興宗教などの詐欺的手法ですよこれ。これで国民を騙せると思ってる。教祖のつもりか?このままバカにされっぱなしじゃいけませんね。見てろよ選挙。

話は変わりますが、「幸福実現党」というの。公明党を温存させたツケがまわってきましたね。憲法違反を誰も指摘しません。公明党が重しの役目を果たしてます。
【2009/06/23 00:10】 URL | しゃばだば管理人 #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/143-9e9b3b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。