スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
こんな夜には浅川マキで ジンをもう一杯



※ こんな夜ってどんな夜だ?という突っ込みはなしでお願いします。(笑) マキさんの曲はほとんどが名曲、ほんの2~3曲で止まるわけがなく、歯を食いしばって9曲にとどめました。あと1曲は残念ながら幻、youtubeのどこにもなかった「あの男(ひと)が死んだら」。曲名にドン引きされそうですが、聴くと必ず幸せ気分にひたれる曲でした。よって、欠番にしておきましょう。

 筆者がマキさんに心酔したのは70年代、寺山修二の作詞・演出の頃でした。大阪万博の年に「夜が明けたら」でデヴュー、それ以来、今でも彼女をしのぐ歌手は見当たらない。海の向こうのマヘリアだけ。アルバムは絶版。youtubeさまさまです。
























 ↑『それはスポットライトではない』、つのだ☆ひろほどの迫力がないとマキさんとは渡り合えません。つのだじろうはひろの兄。






スポンサーサイト

テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

【2009/06/14 20:32】 | 【動画】 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<鳩 巣へ帰る | ホーム | 自衛隊歌 - 『男の群れ』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/142-1380f5df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。