スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
《昭和の日》 昭和天皇のあゆみ
昭和天皇・香淳皇后 ※ いよいよ本年(平成19年)より、“4月29日”が「みどりの日」改め《昭和の日》となります。
 その趣旨は
 『激動の日々を経て復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』
             (「みどりの日」は5月4日に移る) 
 昭和天皇のお誕生日は、明治34年(1901)4月29日、 ちょうど20世紀に入った年でもあります。(先人は、「ミヨの年」と親しまれた)                            

 そこで今回は、昭和天皇を偲び、そのあゆみをふり返りたいと思います。


《第124代天皇・昭和天皇のあゆみ》

□ 大正天皇の第一皇子として、明治34年(1901)4月29日ご生誕。称号を迪宮(みちのみや)、お名前は裕仁(ひろひと)と命名。(ご生母は貞明皇后)

 -- ご養育 --
 お生まれになって間もなく、枢密顧問宮の川村住義(かわむらすみよし)伯爵が御養育掛主任となり、生後70日目から麻布の自邸にお預かりしてご養育に当たった。
 ご養育の基本方針は、心身の健康を第一とし天性を曲げず、人を尊ぶ性格と克己心を養い、わがままな習慣をつけぬよう配慮された。

 -- ご教育 --
 明治41年(1908)4月1日、学習院初等科にご入学。明治天皇の特旨により、乃木希典陸軍大将が学習院院長を兼任。
 大正3年5月4日、東宮御学問所開設。乃木大将の発案により設置され、総裁には東郷平八郎元帥が就任。特に倫理担当の杉浦重剛は、①三種の神器②五箇条の御誓文③教育勅語を核とした「帝王学」を進講した。

□ 明治45年(1912)7月30日、明治天皇崩御。当時皇太子であった嘉仁(よしひと)親王(大正天皇)が即位されたのにともない、皇太子となられた。(11歳)

□ 大正10年(1921)11月25日から、大正天皇のご病気のため天皇のご公務を代行する摂政に就任。(20歳)

□ 大正13年(1924)1月26日、久邇宮良子(くにのみやながこ)女王(香淳皇后)とご結婚。(23歳)

□ 大正15年(1926)12月25日、大正天皇崩御。大日本帝国憲法と皇室典範の定めるところにより、ただちに皇位を継承。(25歳)
 その当日、年号を「大正」から「昭和」に改めた。昭和の出典は漢籍の『書経』にある「百姓昭明、協和万邦」から。(国民の和合と世界の平和を願う理想が込められた)

 -- 同年の御製 --
    山山の色はあらたにみゆれども わがまつりごといかにあるらむ

 ●昭和6年(1931)9月 満州事変
 ●昭和8年(1933)3月 国際連盟脱退

□ 昭和8年(1933)12月23日、皇太子継宮(つぐのみや)明仁親王(今上陛下)ご誕生。(32歳)

 -- 同年の御製 --
    あめつちの神にぞいのるあさなぎの 海のごとくに波たたぬ世を

 ●昭和12年(1937)7月 盧溝橋事件 支那事変 

□ 昭和15年(1940)6月、紀元2600年につき、伊勢神宮・畝傍稜(うねびりょう)・橿原(かしはら)神宮などへご親拝。(神武天皇にまつわる御陵と神宮)

 ●昭和16年(1941)12月8日 英米に宣戦布告

   「開戦の詔書」 

 ●昭和20年(1945)8月14日 ポツダム宣言受諾

   8月15日、「終戦の詔書」を玉音放送。
   -- 終戦時の御製 --
      爆撃にたふれゆく民の上をおもひ いくさとめけり身はいかならむとも
      身はいかになるともいくさとどめけり ただたふれゆく民をおもひて
      国がらをただ守らんといばら道 すすみゆくともいくさとめけり

□ 昭和21年(1946)2月、神奈川県の復興状況をご視察、以来29年8月まで全国巡幸を行った。(45歳)
 (しばらくアメリカの統治下にあった沖縄を除く全都道府県を巡られた。その全行程距離は33000km、総日数165日)

   -- お言葉 --
  「国民が戦争によって痛手を受けました。新しい時代に、国民の気持ちを何とか和らげたい、日本の発展のために努力してもらいたいと思って各地を廻った」

   -- 同年の御製 --
      ふりつもるみ雪にたへていろかへぬ 松ぞををしき人もかくあれ  
 

 ●昭和27年(1952)4月28日 サンフランシスコ講和条約発効(独立主権回復)

   -- その日の御製 --
      風さゆるみ冬は過ぎてまちにまちし 八重桜咲く春となりけり

□ 昭和34年(1959)4月10日、皇太子明仁親王・正田家の美智子様(現皇后陛下)ご結婚。

□ 昭和35年(1960)2月23日、皇長孫・浩宮徳仁親王(現皇太子殿下)ご誕生。

   -- 同年の御製 --
      さしのぼる朝日の光へだてなく 世を照らさむぞわがねがひなる

 ●昭和39年(1964)10月10日 東京オリンピック 開会
 ●昭和45年(1970)3月14日 大阪万国博覧会 開会

   -- 同年の御製 --
      戦をとどめえざりしくちおしさ ななそぢになる今もなほおもふ
      よろこびもかなしみも民と共にして 年はすぎゆきいまはななそぢ

 ●昭和47年(1972)5月15日 沖縄返還

□ 昭和47年6月24日、年代の確かな歴代天皇の中で、ご在位期間最長を記録。(16619日)
   -- お言葉 --
  「一日一日を国のため、つとめとして送っているうちに今日にいたった」

□ 昭和60年(1985)7月13日、年代の確かな歴代天皇の中で、最長寿となられた。(84歳3ヶ月)
   -- お言葉 --
  「いつの間にかこうなった、大したことではない」

□ 昭和61年(1986)東京両国の国技館で政府主催「ご在位60年記念式典」

   -- お言葉 --
  「今ここに昭和の60年の歳月を顧み、先の戦争による国民の犠牲を思うとき、なお胸が痛み改めて平和の尊さを痛感します」

□ -- 昭和62年の御製 --
     思はざる病となりぬ沖縄を たづねて果たさむつとめありしを

□ -- 昭和63年(終戦記念日)の御製 -- 
     やすらけき世を祈りしもいまだならず くやしくもあるかきざしみゆれど
      
□ 昭和64年(1989)1月7日、百十一日間に及ぶご闘病の末、崩御。この間、一千万人にのぼるお見舞い記帳が寄せられた。(87歳)

□ 平成元年(1989)2月24日、東京新宿御苑にて「大喪の礼」。海外から164カ国、国連をはじめ22の国際機関の代表が参列。(うち国家元首55名)

 御陵は東京八王子の武蔵野稜。


 

※ 今年は紀元2667年になります。この万世一系の天皇を頂く日本の歴史の中で、ただ一度きりの敗戦の経験をした日本は、昭和の時代にその背骨をへし折られた感があります。

 約6年半のGHQ占領下戦時政策の間に、何を失い何を得たのか、独立主権を回復して以来、どれだけのものを取り戻せたのか取り戻せなかったのか。その答えが現在の日本の姿に現れているといえましょう。

 「昭和の日」を迎えるにあたって、あらためて先帝陛下のあゆみをふり返るとき、その時々に残されたお歌やお言葉の中に、一貫して平和への希求と国民への温かいまなざしがあります。

 戦後失った(薄れた)ものの中で最も尊いものは何かと考えるとき、この国が悠久の昔から、天皇を中心として成り立ってきたという「記憶」ではないかと思うに至ります。

 激動の「昭和」という時代は、先帝陛下とともにあった先人たちの無私の闘いの時代であり、戦争には負けても、日本という国を残して下さったのです。心からの感謝とご尊敬を申し上げたい。そして、この国の将来に思いをいたし、次世代へ、より良き日本を渡したい。

 

 因みに、独立を回復した4月28日こそが、本当の「終戦記念日」であり、先帝陛下のお誕生日の前日に合わせたものであると、容易に推察することができましょう。











スポンサーサイト
【2007/04/26 06:25】 | 【祝日・記念日】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ある台湾女性の半生が語る日台の心 | ホーム | 「ご覧なさい。これが殖民地の学校かな?」>>
コメント
初めまして。
milestaさんのブログから参りました。
聖徳太子の十七条の憲法とても参考になりました。いつか使わせていただきたいと思います。
この昭和天皇の記事 読みかけでまだおいてある「昭和天皇」出雲井晶さんの御本を彷彿とさせる内容ですね。すばらしいエントリーに拍手を送ると共に 今取り組んでいらっしゃるシベリア抑留の取材うまくいきますよう、お祈り申し上げます。また訪問させていただきます。
【2007/05/28 03:32】 URL | さくらこ #-[ 編集]
さくらこ様

ご訪問ありがとうございます。
お褒めに預かり大変恐縮いたします。
昭和天皇のあゆみは、高森明勅先生のご講話を軸にまとめさせていただきました。
その時々の先帝陛下の御製を追っていますと
昭和の痛みがいまだに癒えぬままに
浮遊する亡霊の如き日本が見えて口惜しく
先人に申し訳なく恥ずかしい。
シベリアの件、今、母を通じて取材をお願いしているところです。
やはりご旅行されていたとのことです。(笑)よかった・・。
【2007/05/29 02:33】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/14-b3d734ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。