スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
皇后陛下のお言葉の中から-壁崩壊後のベルリン訪問時のご印象
歩み 皇后陛下お言葉集歩み 皇后陛下お言葉集
(2005/10/08)
宮内庁侍従職

商品詳細を見る


 ※ 「御即位十年に当たっての記者会見」より、平成十一年十一月十日、在日外国報道協会代表質問より皇后陛下の御言葉をお一つご紹介致します。


 

質問― 両陛下はこの十年間に何度か外国をご訪問されましたが、当時の最も印象深い思い出や、ハプニングについてお話をお聞かせ下さい。また、そうした機会を体験されて、日本が国際的役割の中で世界に発信した方がよいと思われるメッセージは何だとお考えでしょうか。


 皇后陛下― 十年間に訪れたどの国においても、幾つかの懐かしい再会があり、たくさんの新しく印象深い巡り会いがありました。遠い国々を訪ね、そこに母国におけると同じく、心を通い合わせることのできる人々を見いだすことは本当に嬉しく楽しいことでした。

 それぞれの旅に思い出があり、その中から最も印象深い一つを選ぶことは難しいのですが、今、陛下もお触れになりましたように私も壁崩壊後のベルリン訪問は、とりわけ深い印象とともに思い出します。

 今から十年前のちょうど今ごろ、テレビのニュースで朝の光を一杯に受けたブランデンブルグ門に群がる人々の笑顔を見、その明るい光景に強く心打たれてから四年後、陛下のお伴をしてベルリンを訪れ、ワイツゼッカー大統領ご夫妻とベルリンのディープゲン市長ご夫妻とともに、ブランデンブルグ門を通りました。その後壁の周辺を歩き、そこで亡くなった幾人かの方々のお墓を見、この壁とともにあった三十年近くに及ぶ世界の歴史と、その壁のために命を失った人々と、また運命をたがえた多くの人々の上に思いを致しました。忘れることのできない旅の一日でした。

 二つ目の質問である、日本が世界に発信すべきメッセージについては、これはさまざまであってよいのだと思います。また、私は幾つかの国を訪問する機会を得る中で、一国が発信するメッセージは、必ずしも言葉や行動により表現されるものばかりとは限らず、例えば一国の姿や、たたずまい、勤勉というような、その国の人々が長い年月にわたって身につけた資質や、習性というものも、その国が世界に向ける静かな発信になり得るのではないかと考えるようになりました。その意味で、日本が国際的な役割を十分に果たしていく努力を重ねる一方で、国内においても、日本が平和でよい国であることができるよう、絶えず努力を続けていくことも、大切なことではないかと考えています。



 
 ※ 1989年11月9日 ベルリンの壁崩壊。その日突如として東ドイツ政府が、東ドイツ市民に対して旅行の自由化を発表したことから、なだれ現象のように西側へ渡る大群集の様を、筆者もテレビで目撃した記憶が今も生々しい。ハンマーを振り下ろし嬉々として壁をぶち壊す人々を見て、世界中が歓喜の声を上げた。

 今、北京オリンピックを控えた中国へ、世界中の視線が集まっています。息をつめて見つめる多くの人々の胸に、あの「ベルリンの壁崩壊」の記憶が蘇っているのではないでしょうか。

 さて、今や現場を知る者には「長野事件」と呼ばれる先の聖火リレーでの様で、あの日は日本国の主権を踏みにじられ法治国家としての前提を揺るがせた大事件としての自覚があります。一方で政府は胡 錦濤 国家主席の訪日を前に、いまだその自覚がないようです。

 長野での中国人留学生たちの傍若無人な様を思い出すと、全体主義に手繰られた哀れを感じると同時に恐怖を覚えました。日本の警察は手も足も出せず、中国人による不法行為を黙認した。それは警備の算段を誤ったためなのか、政府の意向が反映したものだったのか。これを放置することは、中国にその日から主権移譲したことになるまいか。今からでも遅くはない、被害者は警察に届けを出して欲しいと思います。

 ひるがえって中国人当事者たちは何と思ったか。自国での「愛国無罪」が他国である日本で通用すると思い込んだとしたら大変なことになる。警察はその威信にかけて粛々と法に委ねるべきである。もしや胡 錦濤の訪日時においても同様の警備に及べば、我が国の法治国家としての体裁は完全に崩壊する。やめてくれ。

 さらに我々は、在日中国人の方々全部が全部だとは思わないが、中共政府からの糸で容易に手繰られ得る存在であることを目の当たりにしました。彼らは祖国を離れても恐怖政治の影響下にあるということだ。彼らの多くは中共を信じていないという。中共が大嫌いだという。しかし、祖国への愛国心は当然に持っている。中共は嫌でも、愛国心を持つことはごく自然なことなのだから。

 そんな彼らに、筆者は、敵対するのではなくこう語りかけたい。「あなたは中共を信じられるのですか?」と。天安門事件で中共は何をしたか思い出して欲しい。彼ら自身が、もしくは、彼らの両親や親戚が、あの事件を覚えているはずです。今日本にいて、この自由の国で、天安門事件や文化大革命の真実を調べることは容易なこと。どうか、あなた自身が真の自由に目覚め、祖国の開放と民主化に心を傾けて下さい、と。

 ところで、もう一つだけご紹介したい皇后陛下のお言葉があります。マスコミの方々は心して耳を傾けるように。


□平成五年 お誕生日に際し宮内記者会質問に対する文書回答

 質問― 最近目立っている皇室批判記事についてどう思われますか。



 皇后陛下― どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。今までに私の配慮が充分でなかったり、どのようなことでも、私の言葉が人を傷つけておりましたら、許していただきたいと思います。

 しかし、事実でない報道には、大きな悲しみと戸惑いを覚えます。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であっては欲しくはありません。

 幾つかの事例についてだけでも、関係者の説明がなされ、人々の納得を得られれば幸せに思います。






 ※ この翌年のお誕生日(11/20)の朝、皇后陛下は倒れられ、失語の状態で後の六ヶ月を過ごされた。その間も、倒れられた当日以降の公務はすべてお出ましになられました。

 天皇皇后両陛下は、長野事件を見てどのように思われたでしょうか。胡 錦濤訪日の際の謁見は、筆者にはどうにも許し難く、陛下に痛く申し訳なく思います。我々の声は政府には届かないのか。福田現政権においての胡 錦濤の訪日には絶対反対です。どうにかならんのか?

 同日にダライ・ラマ法王と会談されるなら大歓迎ですが。





 
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/05/03 06:55】 | 【御皇室】 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<4・26長野善光寺 チベット犠牲者追悼法要 | ホーム | 昭和天皇の戦中生活について描かれた手記を発見と-東京新聞>>
コメント
こんにちは。北京オリンピックの壊れ具合ますます酷くなってきましたナチスドイツや、旧ソビエト連邦などのように、全体主義的国家がオリンピックを開催するとその10年後には国が崩壊しています。私のブログでは、北京オリンピックでもこの法則があてはまるのかどうか、映像で迫ってみました。是非ご覧になってください。私は、中国はこのままでいくと確実に分裂すると思っています。その意味では、北京オリンピックは共産中国の最期の壮大なレクイエム(鎮魂歌)になるのではないかと思っています。北京オリンピックは、共産主義中国の壮大なレクイエムとして、そうして新生民主中国の誕生の礎石として歴史に刻まれると思います。これから、2018年にかけて、共産中国崩壊の壮大なドラマが展開されていきます。おそらくは、一部はお茶の間のテレビでも見ることが出来ると思います。今後、目を離すことができないトピックスになると思います。オリンピック中継よりも面白いかもしれません(^^!)。
まさに、ソビエト崩壊、東西ドイツの統一や、東ヨーロッパ諸国の民主化など、モスクワオリンピック開催から10年後に起こっています。北京オリンピックも、中国の崩壊だけではなく、もっと大きな展開になるかもしれませんね。
【2008/05/03 15:02】 URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
yutakarlson様

貴ブログ拝見させていただきました。以前にも伺ったことがあるのですよ、有難うございました。中共崩壊の予測は早ければ早いほど歓迎です。さもなくば国際社会はその無秩序に侵され人類世界そのものが崩壊の一途間違いなく、今や全体主義国家は淘汰される運命にあるかと思います。素直に自然淘汰の法則発動でお願いしたい^^。
【2008/05/05 06:32】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/112-3fa27975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。