スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
巨大な紅旗に見る中華思想 紅く染められた長野
チベット国旗 ※ 長野の聖火リレーが終わりました。チベット支援の皆さん頑張りましたね。長野県警も頑張りました。中国人留学生の皆さんも頑張りましたね。長野を映したメディアの皆さんも頑張りました。お陰様で、

 とても異様な聖火リレーになり、大変有難うございました。

 ところで、中国人留学生の数は約4000名ですか?大変な数が集まりましたね。それにあの見たこともないような巨大な赤旗の乱立。それはまさに中華思想を表すような威圧感がありました。と同時に、とても彼らが個人の意思でやって来たとは思えない光景・・・中国政府が日当2000円で動員、という話に真実味を覚えた瞬間でもありました。そりゃ、いかな日頃は静かな日本人でも多少の

 小競り合いが起きて当然です。

 それから、本当に長野県警の皆さんはお気の毒でした。福田さんが首相ですからね。完全にシャットアウトしたかっただろうに、あの青い人たち2人(というのは表向きで100人)を受け入れさせられました。それだけじゃない。中国人との対立が危険水域を越えないようにするために、主に日本人の方を規制しましたね。これはどこの国の警察かと、チベット支援の日本人たちに悲しい想いをさせてしまった。
 
 いつも辛抱、我慢するのは日本人ですね。

 しかし、よーく考えてみてください。あの青い人たち100人ですよ。その実は特殊治安部隊でしょう?表には出ていませんが、彼らの存在理由っていったい何なのでしょう。中国人留学生4000人と特殊治安部隊100人。もしも、チベット支援の日本人との衝突が大きくなったとしたら・・・。え?その方が良かったかもって?警察力だけでは治まらなくなってもですか?今の日本にそんな覚悟なんてありゃしませんよ。

 筆者はいつも警察官に敬意を覚え感謝しております。日本の治安の最前線で体を張って我々を守って頂いておりますことを。しかし中国が絡むとろくなことがありません。今回の警備においても、結果的にチベット弾圧を支持した格好となり、国民の意思に背き敵視されるという、本当に悲しい一日となってしまいました。警察の威信、その複雑なお気持ち、お察し致します。だいたい・・

 毒ギョーザ事件も解決していないのにねぇ。

 テレビ・メディアの皆さん。ご苦労さまでした。中共に突付かれながら、ヒヤヒヤの中継でしたでしょう?見事にいつもどおりに中共擁護の放送で、視聴側としては「アホみたい」でしたよ!ですが、日テレの辛抱さんは頑張ってました。で、少しだけほっとしました。でもそこだけかなぁ。

 特に、欽ちゃんのときに抗議に飛び出したチベット難民(台湾籍)の方のことを「台湾籍の男」と報道するのはズルイですよ。チベット難民であることを知っていてワザと報道しない。「フリーチベット!」と泣き叫び抗議するチベット難民の必死の訴えを、我が国テレビ・メディアは視聴者に知られたくないんですね。ほんとに恥知らず。軽蔑します。日本のテレビ・メディアは、チベット弾圧(虐殺)の中共と同罪ですよ。・・・シュプレヒコーール!

 「日本が大嫌いで中共万歳のテレビは日本から出て行けぇ~!」

 あ。主権回復を目指す会の西村さんが筆者に乗り移りました^^。

 ついでに言っちゃおう。筆者は西村さんが大好きです。何だか「極右」だとか、やり方が乱暴すぎるとか揶揄する保守の方もいらっしゃるようですが。彼は言わば「斬り込み隊長」。彼が強烈な抗議活動をしてくれているから、その他の活動が乱暴でなく見える・・・?(笑)

 感謝こそすれ、揶揄するのはどうかと。

 要は相手に抗議の声を届けるのが大切なのであって。その相手というのが決まって聞く耳の無い相手であって。静かに抗議するのも一つの方法ですが、

 「日本が嫌いなら日本から出て行け~!」

 というのは、とっても素直な表現の一つだと思います。筆者は西村さんたちの抗議活動を動画で見るたびに「胸がすーっと」します、ハイ。それに、西村さんたちはいつも法を遵守してますよ。けして暴力は使いません。その正義感と行動力に敬意と感謝を申し上げます。

 「西村さんありがとーーー!」

 その西村さんが、長野で警官に連行される姿が映っていました。小競り合いの結果はどれも、日本人の方が連行されたそうですが、きっかけが日本人にあるとは考えにくい。西村さんにしても、何かされなければ自分からいく人ではありません。ただし、何かされたら黙っている人ではありません。何があったのか、興味のあるところです。その内に分かるでしょう^^

 ところで。留学生の分際で政治活動をすれば「強制送還」だということらしいのですが、長野に集まった動員中国人留学生4000人はどうなったのでしょうか。チベット人留学生は、同じ理由で聖火リレーには行かなかったそうですが。

 法は遵守させましょうよ、相手が中国人でも。ね?日本国政府さん。いつまでも日本国民に我慢を強いるのはどうかと思いますよ?・・・え?まだその機運にはないって???まだまだ我慢させますか?

 よーし。それならもっと分厚ーい堪忍袋に換えて、破裂ギリギリまで我慢しましょうか。


 □Free Tibet 【聖火リレー in 長野】 謳われない行進 ~ チベット騒動☆総集編 china no
 



 ※ 追記です。NHKが今、とってもまともな番組やってます。驚きですね!いやいや大歓迎です。日曜討論『日本と中国 どう向き合うべきか?』という番組。いつもの日曜討論は見るに耐えないものばかりでしたが、今のところ非常に“まとも”に見えます。どうしたのでしょう?何か起こっているのかな・・。

 まだ途中なので詳細までは確認できておりませんが、もしかして・・・NHK記念日になるかも?^^


 ※ 追記の追記・・・  たまたま“まとも”にみえた部分だったようです・・。一瞬の幻?なんだかとても酷い・・・いつものNHKだったようですね(阿比留さんのブログのコメント欄で確認)・・・トホホ

 ザンネンでゴザイマシタ・・・


スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/04/27 09:18】 | 【Free Tibet】 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<昭和天皇の戦中生活について描かれた手記を発見と-東京新聞 | ホーム | 長野に聖(邪)火が そしてもうひとつの聖火>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/110-bee955d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。