スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
チベット弾圧 日本仏教界から初の表明
チベット国旗 ※ ジャーナリスト青山繁晴氏に1通の僧侶からのメールが届いたことから、この表明が実現致しました。日本の仏教界をも羽交い絞めにしていた中国共産党政府。この勇気ある一僧侶の表明をきっかけに、日本仏教界は目を覚まして欲しい。日本の政界も経済界も目を開けて欲しい!

 今、チベットで何が起こっているか。黙殺は中共と同罪ではないですか。 






 天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。その0
 

 天台宗のトップ、チベット問題を涙ながらに語る。その1
 


 表明文

 今、私たち日本の仏教者の真価が問われています。チベットでの中国の武力行動によって、宗教の自由が失われることに心から悲しみと、やむにやまれぬ抗議を表明せずにはいられません。

 私たちはあくまでも宗教者、仏教者として、僧侶をはじめとするチベット人の苦しみを、もはや黙って見過ごすことができません。チベット仏教の宗教的伝統を、チベット人の自由な意思で守るということが大切な基本です。

 皆さんは、日本のお坊さんがどうしているのかとお思いでしょう。日本の各宗派、教団は、日中国交回復のあと、中国各地でご縁のある寺院の復興に力を注いできました。私も中国の寺院の復興にたずさわりました。

 しかし、中国の寺院との交流はすべて、北京を通さずにはできません。ほとんど自由はなかった。これからもそうだと、全国のほとんどの僧侶は知っています。そして、日本の仏教教団がダライ・ラマ法王と交流することを、北京は不快に思うこともよく知られています。

 あくまでも宗教の自由の問題こそ重大であると、私は考えています。しかし、チベットの事件以来3週間以上が過ぎてなお、日本の仏教界に目立った行動は見られません。中国仏教界が大切な友人であるなら、どうして何も言わない、しないでよいのでしょうか。

 ダライ・ラマ法王を中心に、仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが今、無くなろうとしています。

 私たちは宗教者、仏教者として、草の根から声を上げていかなければなりません。しかし、わたしの所属する宗派が中国の仏教界関係者から抗議を受けて、私はお叱りを受ける可能性が高いでしょう。

 このように申し上げるのは、私たちと行動を共にしましょうということではないのです。それぞれのご住職、檀信徒の皆さんが、これをきっかけに自ら考えていただきたいのです。

 オリンピックに合わせて、中国の交流のある寺院に参拝予定の僧侶もいらっしゃるでしょう。この情勢の中、中国でどんなお話をされるのでしょう。もし、もしも宗教者として、毅然とした態度で臨めないならば、私たちはこれから信者さん、檀家さんに、どのようなことを説いていけるのでしょうか。

 私たちにとって、これが宗教者、仏教者であるための最後の機会かも知れません。


 書寫山圓教寺 執事長 大樹玄承
 平成20年4月5日






書寫山圓教寺 公式ホームページ

ON THE ROAD :青山繁晴ブログ




 ※ 昨年秋、李登輝元台湾総統の来日した折、奥の細道をゆく途中に寄ったお寺で不敬な扱いを受ける、ということがありました。そこに中国の意向があったことは明らかでしたが、現役の、しかも「西の比叡山」と呼ばれる円教寺の僧侶の生の声で、その実態が明かされるのを聞いて、筆者は涙が止まりません。よくぞ明かしてくれたと、宗教者でありながらの矛盾に、身を千切られるような忍苦であったとお察し致します。

 この一声を待っておりました。また、その声は今が最後のチャンスであったのです。そして、この声は大樹住職一人にとどまらず、さらに広く大きくなることを切に希望致します。そうでなければ、日本の仏教界の真は今度こそ失われてしまうことになるでしょう。

 ダライ・ラマ法王を中心に、仏教国としての歴史を重ねてきたチベットが今、無くなろうとしています。

 この危機的状況に、仏教界だけではなく、世界のすべての宗教界と民族が立ち上がらなくてどうしますか!中国共産党よ、あなた方のやろうとしていることは、決してあなた方を守ってはくれないことに気づけ!
 
 
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/04/05 19:25】 | 【Free Tibet】 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<首脳らの 開会式に出席しないという違和感 | ホーム | チベット弾圧がすでに本格化>>
コメント
日本の仏教界からこのような表明が出たことを嬉しく思います。この方に続く方がたくさん出てほしいです。
中共になんの遠慮がいりましょう。
宗教者それも仏教徒でしょう。事なかれ、長いものに巻かれろの考え方では日本の仏教の将来もないと考えてほしいです。
【2008/04/06 09:13】 URL | さくらこ #-[ 編集]
謙虚な姿勢の声明に、本当に同じ仏教徒として心から心配をしているという思いが溢れ出ていますね。

ペマ・ギャルポさんの講演に続いて、重要な書き起こしをありがとうございます。
【2008/04/07 21:50】 URL | milesta #S4B2tY/g[ 編集]
さくらこ様

長野の善光寺の表明が聞かれないのが情けないですね。このまま聖火リレーの出発地点として汚名を受けるつもりなのでしょうか・・。

milesta様

心にしみました。ですが届かない心もあるようで・・切ないです。
これしきのことが精一杯なのかと申し訳なく思っています。有難うございます。
【2008/04/11 06:43】 URL | 娑婆妥場(管理人) #3.a9MHK6[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shabadaba.blog85.fc2.com/tb.php/106-69b5c99d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。