スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ドキュメンタリー映画 『台湾人生』 - 解けない数学
※ お待ちかね、ドキュメンタリー映画『台湾人生』の報告です。

「台湾人生」のチラシ http://www.taiwan-jinsei.com/


 初日はどうしても都合がつかず、2日目(6/28)の日曜日に友人と二人で行って来ました。この友人は、筆者とは違って「台湾」と聞いてもいつもさしたる反応はなかったので、誘いに乗ったこと自体にびっくりでした。誘ってみるもんだ。(笑)

 もちろん前もって、日本語世代の方々を追ったドキュメンタリー映画であるということは伝えましたが。殺人的多忙な人だから、即答で断られると思っていたんですよ。たびたび台湾の話を聞かせていたことが効を奏したのかな?

 会場の『ポレポレ東中野』は、以前住んでいたマンションから歩いて1分足らずのところにあり、10数年ぶりの懐かしさでした。よく通った「定食屋」が無くなっており、なかなか開通しなかった大江戸線の駅が出現し、東中野には不似合いな高層マンションがそびえ立っておりました。

 そういえば・・と、よく飲んだ帰りに立ち寄った、台湾人夫婦の美味しい餃子の店も消えていた。これはホントに残念。注文してから目の前で餃子をささっと包み焼いてくれるのです。カウンター5席ほどの狭い店で、赤いタレの味が絶品だった。「台湾からタレが届いたよ~」と、あの笑顔に会いたかったなー。


ポレポレ東中野


 上映の40分ほど前に到着、わらわらと人が吸い込まれてゆくのを見て、なんだかみんな知り合いのような気がしたのは筆者だけかな。まさか閑古鳥が鳴いてやしないかと一瞬でも心配した自分を哂い、早速地下のシアターへ向かった。そんなことよりチケットがあるかが心配になったのだ。

 あー、こんな話より本題ですね。実は、この映画、強烈だったのですよ。これがドキュメンタリーの凄みなんだなと、いまだに筆者の脳裏で何かが渦を巻いてます。それで、考えがまとまらず、なかなかブログに掲載できなかったのです。

 鑑賞中は、ストーリーのある映画でもなし、面白さを感じる場面もたいしてあるわけじゃなく、ただただ、台湾なまりの聞き取りにくい日本語を追うのがやっとだったのです。生活背景の全く違う5人の“日本語世代”の人生の断片が或る時系列で行ったり来たり、時には交差するように語られる。

 彼らの溢れんばかりの胸の内を聞いて、聞いて、一方的に聞いているうちに、映画が終わる。でも、これは単なる映画ではないのです。これはフィクションではなく、ファクト。ドキュメンタリー映画は、実は観終わった瞬間から始まるのですね。

 会場を出た私達は、そのまま別れる気になれず、とりあえず食事を兼ねて喫茶店に入った。奇妙に疲れた気持ちを静めたかったし、何かを納得したかったのだと思う。そこで友人に感想を尋ねてみた。

 友人は、あまりよく分からなかったと言い。途中すこし居眠りをしたのに涙も出たと不思議がっていた。

 筆者は、これが友人の正直な感想だと思った。語りの半分くらいは聞き取りにくく、歴史的背景をよく知らないと理解し辛く、よほどの興味がなくては中だるみするのも致し方がないと。でも、涙が出たんだな。筆者は全く出なかったけれど。筆者は必死で聞き取ろうとしたこともあったが、或る違和感もあったからで。ただし、噛み砕くにまだまだ時間が欲しかった。頭の中をぐるぐると、色んな思いがめぐっていた。



 5人の表情から伝わることは、「自分達の気持ちを日本と日本人に伝えたかった」という必死な思い。それは、懐かしさであったり、恨みであったり、疑問であったりと、どうにもまとまりがつかない思いだ。

 過去の日本への感謝の気持ちと、敗戦と同時に理不尽に「捨てられた」戸惑いと悔しさが、それぞれの人生にくっきりと残る記憶と絡んで、絡みこんで、考えれば考えるほどにもつれ込んで、それがどうにも「解けない数学」のようで苦しいのだ。

 筆者はね、観ている間ずーっと思っていたことが「戦争には絶対に勝たなきゃならない」ってことだったんですよ。終わったことですから、もうどうにもなりませんがね。

 どうにもならないが、せめてあの戦争をきっちり総括することですよね。日本はまだ、しっかりと向き合っていないし、どこか他人事のように済ませてしまっている。そのせいで、日本は鬱病のようになっているのだと思う。

 最近になっても原爆症をめぐっての訴訟がありましたね。なぜか原爆症についてはタブーのようで、64年を過ぎてもゴタゴタするのです。原爆症でなくとも、癌で亡くなる人は多いというのにです。また、原爆を落としたのは日本ではなく米国であるというのにです。日本は病んでいるとしか言いようがない。

 未だ病んだままの日本だからこそ、あの元台湾系日本人たちに何も言えないし、何もしてあげられないのだと思うのです。“解けない数学”は、日本の病が生んだ状況であると言える。

 ドキュメンタリー映画『台湾人生』を推奨します。かつての同胞である彼らの人生は、我々日本人の片割れだ。



上映後、観客に囲まれる酒井充子監督
☆上映前にスタッフに写真撮影の許可をお願いした、なんとその人が監督であったのです。ペコリ。



  
スポンサーサイト

テーマ:ドキュメンタリー映画DVD - ジャンル:映画

【2009/06/30 08:13】 | 【映画・記録映像・動画】 | トラックバック(1) | コメント(1)
鳩 巣へ帰る
※ この1週間というもの、ずっと浅川マキに浸っていた・・というわけではありませんが。(笑) 正直、あの「鳩の乱」には困惑を超えて失語症気味になりましたよ。まず最初に思い浮かんだことが、「鳩め、とうとう本性を現しおったか」でした。

 総裁選のたびに麻生さんの側近としてぴったり寄り添う弟鳩を見ていて、当初からどうしても違和感が拭えなかった。なぜ麻生さんに寄り添うのか、どうしても合点がいかなかった。そういう人は少なくないのではないかと思います。

 まずは鳩山一郎の家系だということ。かつて自民党から兄弟ともに離脱し、その後兄弟で民主党を立ち上げた96年、その時のニュース映像が頭から離れなかったのです。頬を紅潮させた兄弟鳩、二人並んでの記者会見。母から、鳩山一郎の孫なのだから民主党を再興(?)するのは必然、と激励されたとかなんとか言っていたように記憶しています。

 その後、弟嫁を兄鳩が誹謗したとかで兄弟ゲンカ勃発。それが原因で弟鳩が民主を離党、自民党に戻ったという事件があった。この時も不思議でしょうがなかった。悪口の応酬はしばらくテレビや週刊誌を賑わしてましたが、なんでそんな身内のゴタゴタを表面に出すのかも疑問だったし、そもそも弟嫁が気に入らないからと、兄弟がケンカするという構図がアホらし過ぎるでしょ。

 まあ、離党の原因は他にあったと考える方が自然ですが。例えば自爆消滅した社会党議員の民主への合流に嫌気をさして、というのなら分かる。(笑) しかし、あの頃はあくまでも兄が自分の嫁を侮辱したからだということでしたよ。(噴飯)

 そんな不思議の兄弟鳩。言動においても、どこか人間離れしたところは似ています。だから、麻生さんに寄り添う弟鳩を見ていて、何を妙にまともなことを・・・との違和感が拭えなかったのです。ま、兄鳩に比べれば誰だって「まとも」に見えるのかもしれませんが。

 で、最近で強烈に不思議人間を再確認させられたのが、「友だちの友だちはアルカイダ」発言。それもバリのテロを知らされていたと言ったから仰天でした。その内容もですがそれ以上に、発言したこと事態にビックリでした。政府要人の発言することか?しかも自慢げに。

 だから、どうしても手放しで弟鳩を信じることができなかった。

 そして、このタイミングでの「乱」です。かんぽの宿をめぐっての胡散臭い事案については、うやむやにされている感はありましたが、何も麻生政権を揺るがしてまでごり押しする意味がどこにあるのか。麻生首相を支える立場の内閣の一員が直接、刃を向けたのです。しかも、この政局の微妙な時に。

 麻生首相の支持率が緩やかな回復傾向にあった、この時点での弟鳩の行動は、まさしく叛乱です。麻生政権の息の根を止める意思があってのことだと筆者は考える。 

 この事態を喜んだのは誰ですか? テレビも民主党も、嬉々として麻生さんを口撃していますが、自民党内部の内紛には呆れるばかりです。自分の首を絞めて喜んでいる。しかも、「大政奉還」という言葉を使って、まるで自民党麻生政権が幕末の徳川幕府扱いです。麻生首相が、「どこへ奉還するの?」と言われるのは当然で、大政奉還とは朝廷への奉還という意味ですよ。しかも民主党へ政権を渡せと同義ではないか。

 「正義」という言葉を使い、「大政奉還」という言葉を使い、これはイメージ戦略ですかね。麻生首相に正義がなく、民主党へ政権を奉還せよとは、開いた口が塞がりません。

 鳩山邦夫よ、お前はこれがやりたかったのか?その時期を伺い、麻生首相のそばに潜伏していたのか? 総選挙で自民党を沈め、正義の第三局という美名のもとに、保守の支持層をかく乱するのが目的だったのか?

 筆者も、今の政界の混濁を打開するための政界再編を望む者ですが、鳩はゴメンです。鳩は兄弟そろってゴメンです。鳩山邦夫の乱は売名行為。口が過ぎる。自分を褒めて相手を貶めるという手法は、「お笑い」だけにしろと。

 結論。鳩山邦夫は、鳩山由紀夫よりはちょっとマシ。あ、これ、評価がちっとも変わってない。(笑)

 ところで、麻生支持の皆さん。麻生はブレると誹謗されますが、ブレませんよ。ブレるのは支持者の方です。鳩に釣られて迷子になってやしないか? と、筆者は少々心配。早く帰っておいで^^

 ブレというなら、鳩山邦夫のブレ具合こそが日本人離れですよね。

  

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/21 18:12】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
こんな夜には浅川マキで ジンをもう一杯



※ こんな夜ってどんな夜だ?という突っ込みはなしでお願いします。(笑) マキさんの曲はほとんどが名曲、ほんの2~3曲で止まるわけがなく、歯を食いしばって9曲にとどめました。あと1曲は残念ながら幻、youtubeのどこにもなかった「あの男(ひと)が死んだら」。曲名にドン引きされそうですが、聴くと必ず幸せ気分にひたれる曲でした。よって、欠番にしておきましょう。

 筆者がマキさんに心酔したのは70年代、寺山修二の作詞・演出の頃でした。大阪万博の年に「夜が明けたら」でデヴュー、それ以来、今でも彼女をしのぐ歌手は見当たらない。海の向こうのマヘリアだけ。アルバムは絶版。youtubeさまさまです。
























 ↑『それはスポットライトではない』、つのだ☆ひろほどの迫力がないとマキさんとは渡り合えません。つのだじろうはひろの兄。






テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

【2009/06/14 20:32】 | 【動画】 | トラックバック(0) | コメント(0)
自衛隊歌 - 『男の群れ』



『男の群れ』 作曲:佐久間裕

 男がいる 男がいる
 泥にまみれた 男達がいる
 平和を願う 男の群れさ
 誰もが 生まれた ふるさとの
 幸せ支える 男の群れだ

 男がいる 男がいる 
 潮にまみれる 男達がいる
 平和を守る 男の群れさ
 愛する妻子よ 父母の 
 我が祖国 見つめる 男の群れだ

 男がいる 男がいる
 空を翔けてく 男達がいる
 平和を宿る 男の群れさ
 遥かな友達 恋人の
 純情支える 男の群れだ





※ 自衛隊歌『男の群れ』の合唱です。これは圧巻。日本の平和ボケを陰で支える自衛隊の勇姿。ええ、これはイヤミですよ、野党へのね。自衛隊の海外派遣に反対し、集団的自衛権も認めず、9条を守って国を守らぬ本末転倒の政党に、国民の生活を云々する資格はない。

 自衛隊は、政治がどれだけ混迷しようと、無知な国民に理不尽に辱められようと、日々を国の守りに徹してくれている。過去も現在も未来も、兵隊さんのお陰で、国民は昼寝ができるのだ。

 ちょっとムキになってしまいました。この歌を聴いていて、ムキになってしまいました。

 この歌、本当は3コーラスのようですね。ここでは、2コーラスで終わってますが、陸海空のフルコーラス歌ってほしかったですね。オープニングのあと、すぐ歌が始まります。推奨です!

テーマ:合唱 - ジャンル:音楽

【2009/06/14 02:13】 | 【動画】 | トラックバック(0) | コメント(1)
台湾の “日本語世代” に逢いに行こう!
映画 -- 『台湾人生』の予告動画

 

   台湾人の
   悔しさと
   懐かしさと。

   本当に解けない数学なんです。


 
酒井充子監督作品
撮影:松根広隆 
音楽:廣木光一 
編集:糟谷富美夫 
プロデューサー・録音:田辺信道 
制作:協映 
支援:文化庁 
配給・宣伝:太秦 

【監督メッセージ】 
 台湾の日本語世代のみなさんにお会いするたびに、背筋がピンと伸びる思いがし、自分が日本人であるということについて考えさせられます。日本に統治されていた時代に多感な青少年期を日本人として過ごした日本語世代の存在は、台湾だけではなく、日本の歴史の一部として記憶されるべきだと思います。

 彼らは日本に対する複雑な思いを抱えたまま、長い道のりを歩んできました。その思いに向かってカメラを回しました。五人の登場人物へのインタビューはすべて日本語です。みなさんは、繰り返し問いかける私に根気強く向き合い、優しくときに厳しく語ってくれました。

かつて日本人だった人たちの声を聞いてください。ほんの一部ではありますが、日本が台湾でしたこと、今の日本が台湾にしていないことが浮かび上がってきます。そしてなによりも、時代にとらわれることなく、自分の人生に誇りを持って最後まで生き抜こうとする一人ひとりの姿を、尊敬の念を持って受け止めていただきたいと思います。



  『台湾人生』公式サイト
 上の予告動画はトップページにあるものと同じ内容です。


【youtube台湾関連ピックアップ】 
 新台湾と日本
 戦後に台湾にやってきた大陸からの外省人から “日本ゆかりのもの” を守り抜いた台湾の人達。
 台湾・日本統治時代の古写真
 台湾の日本時代の写真集です。BGMは大河劇(徳川慶喜)を使っ ています。
 米国から見た日本の台湾統治~「知られざる台湾・台南市」より
 2008年米国ディスバリー・チャ ンネルによって制作された5回シリーズ「知られざる台湾」の一部。

                                                   
 「台湾人生」のチラシ


 《劇場情報》

日 時 : 2009年6月27日(土)より 10時40分~
会 場 :ポレポレ東中野(モーニングショー)
 
日 時 : 2009年8月1日(土)より
会 場 :横浜ジャック&ベティ

《その他予定劇場》
函館 :シネマアイリス
札幌 :シアターキノ
新潟 :新潟シネウィンド
愛知 :名古屋シネマテーク
大阪 :第七藝術劇場
沖縄 :桜坂劇場








 。゚.o。ヾ(o≧口≦嬉)ノ。゚.o。

キ キ
  ーーーーーーー!!!!!





テーマ:映画の予告 - ジャンル:映画

【2009/06/04 16:14】 | 【映画・記録映像・動画】 | トラックバック(34) | コメント(2)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。