スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
映画『日本海大海戦 海ゆかば』を 失礼ながら哂う
 ※ いやぁーー・・・。東映映画。舛田利雄監督作品『日本海大海戦 海ゆかば』(昭和58(1983)年)を見ましたよ。うーん・・。なんて言いましょうか・・もう哂うしかないような・・可哀相な・・誰が可哀相って、役者が。いやコレ、脚本を読んでから出演OKしたんでしょうか?・・後悔ないのかなって。ホントに失礼にもほどがあるような酷評になりましたが。そんなに酷いなら見なきゃいいのにって?

 それがね。あまりに突出していて、最後まで目が離せなかったっていう・・。(笑)

 ヘッドホンしてまでしっかり見てしまいましたよ。ある意味で非常に面白かったです。まぁ、お金払って見たとしたら腹も立てただろうし悔やみもしたでしょうが。もし左翼映画の博物館があるならぜひともこの作品を置きたいなと思いました。ただし末席にですがね。あまりに表現がヘタ(モロ)なので。

 タイトルの日本海大海戦でもうお判りでしょうが、コレ日露戦争の話です。東郷平八郎元帥、あの有名なT字戦法でバルチック艦隊を撃滅完勝した海戦ですが、この映画にそんな勇壮かつ誇り高い描写は全くありません。海戦そのものは話の中心にはなく、それは端っこに追いやって・・・主人公の青年兵(軍楽隊)を取り巻く群像・・とはいうものの・・あまりの・・。

 ちょっとネタバレになりますが。あまりにスバラシイセンスノセリフをちょこっと。


○主人公の恋人(娼婦)との痴話ゲンカのシーンで

女「・・・立派に死んで魚のエサにでもなっておいで!」

○ある兵が飼っているネズミの名前が「ネズミ大明神」

兵「ここがどこだかわかるか?(ニヤニヤ)この浴室が死体置き場になるんじゃ(ニヤニヤ)」(生死の)「・・運勢を見てやる(ニヤニヤ)」

○主人公の上官が酔っ払って泣きながら死ぬのが恐いと暴れている

上官 「弾薬庫に火つけて、軍艦なんかぶっとばしてやる!」

○死ぬのを恐がる上官に、主人公が

主人公「国や海軍のために戦うんじゃねえがぁ・・ほんとは田んぼや畑を買うお金のために戦う、それが立派な男というもんだ・・」「国のためでも海軍のためでもねえ、オレは音楽のために命を張る。そして音楽家として死んでゆく。そう決めたら死ぬことなんて恐くなくなった」
  
○戦闘に入る前に好きなものを好きなだけ食えと言われて

兵「うまいもんたらふく食ってあっさり死んだらええんや!」


 海軍の規律はめちゃくちゃ。高利貸しまがいの上官の命令で金の取立てに使われた部下は相手に怒鳴られ殴られ。陸でも艦内でも何かと怒鳴り合い殴り合いのケンカシーンを乱発。東郷元帥に最後の演奏をさせろと直談判する主人公。許可されて演奏した曲がドボルザークの「新世界」。激しい戦闘で三笠はボロボロ。死体とうめく負傷兵のズームアップ長写し。海水のしぶきを浴びながらトランペットで哀しげなバラードをゆったり吹く主人公。勝利の描写は数秒だけで、エンディングにやっと「海ゆかば」が流れるも、すぐにトランペットのバラードでエンドロール。

 映画の中で軍楽隊による演奏のシーンがたっぷりあるのですが、場違いな曲ばかりでアレンジも時代にそぐわない。映画と音楽が全く一致しない。映画抜きで演奏会のつもりで聴けば素晴らしいのですがね。(「ドナウ河のさざなみ」とか)

 これまで色んな戦争映画を見てきましたが、これほど表現に品もセンスも無い映画は初めてでしたよ。そんでもって、もう一回見ようかなって・・不思議な魅力が・・。いやぁーー、映画って、面白いですね!


 で。これずっと残るんですよね。DVDにもなってるし。ありゃー。(赤面)


スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/01/22 13:50】 | 【映画・記録映像・動画】 | トラックバック(0) | コメント(3)
後悔先に立たずは日中情勢
 ※ ここのところヒストリーチャンネルで「海軍」関連の特集をやってまして、ドキュメンタリー(米国製)や関連する日本映画を見るのに寝不足気味です。母が就寝してからが筆者の時間ですからね。(笑)

 それでも消化するのに厳しいものですから、映画は・・・戦争映画なんですけど、母と一緒にさりげなく見ていたのです。懐かしい役者が出ると喜んでくれますので・・。

 ところが。昨日ちょっとショックなことが・・。(考えすぎかも知れないけれど)

 あの大敗戦を経験した世代の人がこの手の映画を見るのと、戦後生まれの筆者が見るのとでは、感じるところの質が違う。こんな当たり前のことに今ごろ気づくなんて・・。

 筆者にしてみれば一つの資料(史料)です。映画制作の時点で、大東亜戦争の時代がどのように受け止められていたのかの確認の意味もありますが、歴史を覗き見るような感覚。しかし母にしてみれば実体験とも重なり、胸に去来する感情の起伏には、筆者では計り知れないものがあるのです。

 昨日見ていた映画は、村山新治監督作品の『海軍』(昭和38年東映)。主人公(北大路欣也)は真珠湾作戦・特殊潜航艇の搭乗員。うろ覚えですが、時代は大正12年から始まり、実写フィルムを交えて、関東大震災・世界恐慌・満洲事変・支那事変・真珠湾攻撃まで。2・26事件、5・15事件、通州事件、上海事件、にも触れています。

 作品の歴史描写には、驚くほど違和感がありませんでした。終盤は真珠湾攻撃による日米開戦の大本営放送に沸き立つ日本国民、当時の新聞記事、提灯行列、そして主人公の特攻攻撃による散華を思わせる海面の長映しで終わるのですが、淡々とした描写でした。よくある所謂「反戦映画」とは違います。

 終盤手前に、主人公が好意を寄せる娘から求婚される場面があるのですが、「自分はいつ死ぬか分からぬ身」だからと、「美しいまま」身を引くという場面がありました。主人公は、「この時代の先頭に立つ身」として、「お国のため」に人生を捧げます。その表情はすがすがしく毅然としていました。

 筆者と母は、珍しく違和感のないこの作品を、場面場面で会話をはさみながら機嫌好く見ていたのですが・・。

 
 どの場面でだったのか、昨日のことなのに思い出せないのですが・・あまりにショックで。珍しく母が国を責めたのです。吐き捨てるように。

 「なーんで日本は小さい国のくせに、あんな大きな国に戦争仕掛けたんだろう!」 

 日本が戦争を仕掛けたって・・。


 しばらく筆者は言葉を失ってしまって、画面をぼんやり見続けていました。日本が戦争に突き進んでいった経緯を、筆者はこれまでに幾度となく説明していたのです。それこそ大航海時代からの世界情勢から始まり、確認されている史実の数々を。

 なのに、日本が戦争を「仕掛けた」だなんて・・。筆者はしばらくして気を取り直して、

 「お母さん、日本が仕掛けたんじゃないよ。じっとしてたら今ごろ日本という国は無くなってたよ。あの時代に生きた日本人たちが苦悩して、傷だらけになって命を投げ出して、力の限りを尽くして立ち向かってくれたお陰で今がある。私は尊敬してるし感謝してるよ」

 戦争を回避する方法があったのではないかとの議論は大事だけれど今だからできることで。宿命だったのだと思います。どこぞの愚連隊じゃあるまいし、日本一国の我が儘で好き好んで戦争をしたのではない。逆に日本は何とか回避しようと努力もし譲歩に譲歩を重ねていたのですから。

 母の胸に去来したものを想像しながら、しばらく戦争映画を見せるのはよそうか・・・と。うーん。


 ところで。

 今の日本人は歴史を知らないし教育もされない。それどころか、嘘を教えられている。マスメディアから流される情報は偏向を極め、戦争を回避する方法は憲法9条さえ守っていれば安心だと呆ける。政治家の劣化は甚だしく見るに耐えずで責任感も国家観もない。そしてその通りの国に成り下がっている。

 一昨日、中国人観光客による靖国参拝者への暴行事件がありましたね。日本の聖地である靖国神社に参拝に来た日本国民に暴行を加え国旗を奪い破り折ったという事件。その中国人は靖国神社に何の目的でやって来たのでしょうか。場所は靖国神社なのです。偶然の犯行であったとは考えられません。

 観光目的で、大金を使って、他国へ旅行し、その国の戦没者を祀る聖地で、慰霊参拝に来た国民に暴行を加え、その国の国旗を破り折る、という行為をする人間とは、いったいどういう人物なんでしょうか。

 これは観光客を装ったテロリストではないですか?

 このような国家を冒涜する重大事件をテレビ報道しない国は異常です。そのテロリスト集団を拘束し、中国へ厳重抗議しない政府は異常です。中国人へのビザ発給停止をほのめかすぐらいのことはしていただきたい。これをただのありふれた刑事事件の一つとして処理する国は異常です。

 昨年来日した李登輝前総統が離日する際に、ペットボトルを投げつけ暴れた中国人の事件がありました。事件はどちらも軽度のものですが、日本と日本人の反応を窺う目的であったのではないかと考えられます。何故なら相手国が、国策として反日教育をし続けている独裁国家だからです。

 今朝のNHKで、リニューアルした中国の「南京大屠殺記念館」についてのニュースが流れました。日本政府が、日本人が不快に感じない展示にするよう要求したとか。何をトンチンカンなことを言ってるのか。一応日本政府は抗議しましたよ、という保守派へのポーズにしか見えません。事件そのものを否定するのが当然ではないですか。当の中国は喜んでますよ。

 現在の日中情勢は満州事変の頃に酷似しているように思います。ただし、日本は無防備な憲法に縛られている状態です。中国に駐在する日本国民を守る手段はありません。本国でさえ中国人による刑事事件が多発しているというのに、危機感が無さ過ぎる。

 また、ついに人から人への感染を南京で確認されましたが、死亡率の極めて高い「鳥インフルエンザ」が直行便で日本と繋がっていることにも危機感がない。輸入を止めることもしない、旅客機も止めない。出入国の制限もしない。テレビは北京オリンピックをますます宣伝している。とにかく日本の異常度が末期的!

 寝不足でめまいがしてきました。(笑)

 自分でも何を書いているのか分からなくなってきたのでこの辺で失礼します。更新頻度が落ちており、あとで後悔するかも知れないのですが更新してしまえ!(・・・)

 

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/01/17 15:31】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(2)
進化する物質文明 退化する精神文化
 ※ 日本人とはなんぞや。つい最近の一国平和の江戸末期、国際的圧力に逆らえず黒船砲艦外交に屈して日本はとうとう開国した。以来、西欧文明・文化が怒涛のごとく流入した。

 近現代は国際的弱肉強食の時代なんですね。誰かが指摘されていましたが、いまだに日本はまるで文化的ガラパゴスのような存在です。かつては誇り高き武士道と心豊かな神道の国として。今では類まれなる精神的脆弱な国として。

 世界をあっと驚かせた、あの明治維新を果たした日本の凛たる姿は今はもうどこにもない。あの頃、言葉の限りを尽くしても尽くし足りないほどの賞賛を浴びた、美しい日本人の姿はどこにもない。辛うじてそれを懐かしむ一握りの昔人間が、ちらりほらり地を這っているだけだ。

 安部前総理が「美しい日本」を旗印に戦後体制からの脱却を試みた昨年の夏までは、あと50年も費やせばきっと日本は“あの頃”の価値を認識し、立ち返ることまではできなくとも次世代へ繋ぐことができるものと確信していました。

 ところが、あののっぺりとした首相が誕生するや、あっという間に何を好んでか戦後体制の澱んだ殻に舞い戻り引き篭もり、内政はさらに腐乱の一途、国際的にも三島曰くところのニュートラルでちっとも面白みのない国どころか、食われても千切られても無抵抗な奴隷国のようです。

 国の頭が変わればこうも変わるのかと。あののっぺりとした首相の頭にある理想の日本とは、そういう国なのか。かといってもう一方の焦げた党首の頭にある日本もごめんです。嗚呼、平成20年、憂国も極まる年が明けました。

 と、暗ーい出だしとなりましたが、国際政治を眺めていると昔とちっとも変わらない構図が見えて、いやもう人類に未来は無いのかと呆れてしまうのです。

 先の大戦に日本が大敗北した余波は、そういうことなのだと思えて。神国日本の敗北で、世界の秩序はもう永久に正せなくなったのかなと。今に至っての、この日本の体たらくではと、思うわけです。

 しかし、まだ諦めるわけにはまいりません。とてつもない頭の降臨のチャンスが消えたわけではないし、地を這う昔人間のボディーブローもバカにはできないのですから。

 「欲」に汚された「精神」の復活は有るや否や。世界中に散らばる地を這う昔人間の台頭は有るや否や。理念という糸の切れた身の程知らない凧の運命やいかに。

 
 この暮れからお正月の間に、筆者は仕事で大失敗をやらかしましてね。原因は筆者の過信、思い込みでした。そこで大反省、誠意を込めて真正面から対処しましたところ、その思いは通じて、逆に大変喜ばれる結果となりました。

 その朝は地獄を見て、夜には天国を見た思いでした。いくつかの条件が妙に重なり、まるで脚本通りのような失敗への道をたどったわけですが、お陰で学ぶことも多かったと感動までしてしまいました。(これでは何のことか分からないでしょうが)

 さて今回、何の話をしたかったのかというと。人間の価値観の違いは、育った環境でずいぶん違ってくることはたやすく想像できるのだけれど、最も原始的な感情にまでも、相容れない壁というものがあるものなのでしょうか。

 まあ、事はそう単純ではなくて、雑多な要素が入り混じるためにややこしくなるのでしょうが・・。しかし、倫理的な重力と経験から学ぶ姿勢さえあれば、無用な衝突は避けられる・・・はずなんですが。

 嘘をつくことが平気、というより、どんな方法でも自分の思い通りになれば善と考える人間に「倫理」云々は無理なのかも知れませんが。無理と諦めて口を閉ざしていれば、永遠に解決の扉は開けられませんよね。物言わぬ日本の美徳は、国際社会では無能です。

 いいかげんに人類よ、進化しろよ。と、言いたかったわけです。^^

 youtubeで見つけた動画。これまで日本の捕鯨を狂気の沙汰で反対するオーストラリアのニュースはよく見かけましたが、政権が変わってついに「軍艦を出す」発言まで飛び出したとか。どこかの怪しげな団体によるものとばかり思っていたのですが、これじゃー国家ぐるみの反日政策ですね。大丈夫なのかなオーストラリア。

 筆者は別にオーストラリア人を一括りにする気持ちは全くありませんが、国家としての政策なら話は別です。日本も情けない国だけど、筆者は日本人。不条理に噛み付かれたら間髪入れずに問い詰める。昨年の夏までは安部さんに任せたが、もうこの国には任せられないんだから。

 この動画、良くできてますよ。オーストラリアの皆さん、今一度、日本の捕鯨に反対する理由があるのか考えてみて下さい。そこにあなた方の「欲」が隠れていませんか?「驕り」はありませんか?「理屈」は通っていますか?どんな「事情」があるのですか?

 早く、こんな幼稚な衝突はやめて、仲良く楽しくお付き合いできるようにしましょうよ。^^



 □白豪主義オーストラリアと反捕鯨
 



テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2008/01/09 06:04】 | 【筆者雑記】 | トラックバック(0) | コメント(4)
しゃばだば近代国史帖


日本の近現代史の中から、主に感動エピソードを拾い集めてみたい。ゆっくりゆっくりですが。個人的には備忘録(メモ)のつもりです。

プロフィール

娑婆妥場

Author:娑婆妥場
この道を、どんな日本人が歩いていたんだろうと、ついつい想いを巡らせてしまう今日この頃です。
いろんな感動エピソードに出会ったけれど、記憶力が悪く片っ端から薄れてしまうので、思い切ってブログに挑戦することにしましたとさ。

最近の記事

カテゴリー

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ようこそお茶でもどうぞ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。